【WAQのLEDランタン】実戦投入する前からおすすめできる理由を解説【感想を知りたい人向け】

CAMP

キャンプで使うLEDランタンは何がいいんだろう?おすすめを知りたいなあ。

本記事ではこんな疑問を解決します!

僕はスノーピークのたねほおずきをメインに使っていたのですが、WAQというメーカーのLEDランタンを追加購入しました。

実戦投入はまだですが、手にとってすぐレビューを書きたくなったほどの満足度があります。

おすすめのLEDランタンを探している人はもちろん、WAQのLEDランタン購入で迷っている人もご一読ください。

WAQのオススメポイント

  • 小型で軽量
  • メインランタンとして十分明るい
  • 白昼色と暖色の切り替え可能
  • 付属品が充実
  • モバイルバッテリーとしても使える
上記ポイントに魅力を感じるなら「買い一択」です。それでは本題に入っていきましょう!

WAQのLEDランタンを実戦投入する前からおすすめできる理由

本日AmazonからWAQが届いたばかり。

実戦投入はまだですが、WAQは間違いなくオススメできるキャンプギアです。

届いて早々に「コレは凄いものを手に入れてしまった…」とインスタへ投稿。
第一印象は「何コレちっさ!質感良すぎ!」といった感じ。

実戦で使う前から製品クオリティの高さに満足してしまいました。

小型で軽量

WAQの説明画像

写真から分かる通り、手のひらに収まるサイズ感。重さは220gとの記載があります。

キャンプにおいてギアの軽量化は重要。WAQのLEDランタンは小型軽量で、キャンパー必携といっても良いほどの製品です。

ランタンはザックリ3種類

  • オイルランタン
  • ガスランタン
  • LEDランタン
オイルランタンやガスランタンは雰囲気が抜群ですが、大きさ的にかさばる物が多いです。大きさに伴って重量も気になってきますね。

それに比べてLEDランタンは小型な物が多い為、キャンプギアを軽量化したいならLEDランタンを選択すべき。

僕がメインの明かりとして使っているのはスノーピークのたねほおずきですが、WAQとの違いは電池式かバッテリー式かという点です。

  • WAQ:バッテリー式なので電池の入れ替えが不要
  • たねほおずき:電池がなくなったら交換必須

たねほおずきも気に入っているので、今後はWAQと併用して使っていくつもりです。

関連記事【たねほおずきの口コミレビューはいかほど?】1年間使用して分かったメリットとデメリットを紹介

メインランタンとして十分明るい

WAQのLEDランタンは、ひとつあればメインの明かりとして十分な仕事をしてくれます。

明るさは1000ルーメン

ルーメンって言われてもよく分からないですよね。ザックリ言うと「目で直接見るとヤバイ」くらいの明るさ。

下記のインスタ、最後の動画が比較として分かりやすい。

明るさの違いが分かりますね。1000ルーメンってかなり明るいので、様々な用途で使えそう。
  • キャンプの明かり
  • 非常時のライト
  • 撮影用の照明
最近はyoutubeへ動画を投稿する人も増えてきましたが、大掛かりな照明を購入しなくてもWAQで十分な明かりが得られるので、動画撮影なんかにも使えるのは嬉しいですね。

>>youtube撮影用にWAQをチェックする

白昼色と暖色の切り替え可能

WAQは白昼色と暖色の切り替えが可能です。

実際は細かく3色の切り替えが可能。
  • 昼光色
  • 昼白色
  • 電球色
ただ、こんなに細かく変更するシーンってあまりないと思います。
暖色系と白色系で切り替え可能、くらいに認識しておけばOK。

キャンプって暖色系の明かりの方が雰囲気がでるので、明るい上に暖色系の明かりに切り替えられるのは嬉しい機能です。

明るさは4段階で調整できる

リビングでは最大光量で、寝る前は最小の明かり、という風に使い分けられるので万能感があります。

使用する明るさによってバッテリー持ちは変わるので、実際にバッテリーがどれくらい持つのかは、実戦投入後にレビューしたいと思います。

追記:実戦投入しました!

予想通り、最高のギアでした。メインのランタンとして採用決定です。

関連記事【WAQの口コミレビューはいかほど?】実際にキャンプで使って分かったメリットとデメリットを紹介

付属品が充実

WAQを開封して驚いたのは、付属品が充実しすぎていることでした。

正直「こんなに付属品あっていいの?」って感じ。

WAQの内容物

  • WAQ本体
  • 収納ケース
  • カラビナ2つ
  • 防滴カバー
  • ケーブル

収納ケースがイイ感じ

付属の収納ケースはWAQがピッタリ入るサイズ感。フタの部分にも小物が入るようになっているのも嬉しい。

WAQの説明画像

ケーブルなどの付属品を入れても少し余裕があります。
リップクリームや絆創膏など入れておいても良いかもしれませんね。

カラビナは2つ付属

カラビナがあることでテントの天井に吊るしたりすることが可能。
置いて使うも良し、上から照らすも良し。

こんな使い分けができるのも多機能で嬉しいです。

防滴カバーは微妙かも?

防滴カバーは無いよりあった方がいいと思いますが、その程度。
ピッタリフィットしている感じではないので、気づかない内に無くしてしまいそう。

保管時だけつけておいて、使用時は外しておくのがいいかも。

ケーブルがヤバイ(良い意味で)

説明書にはmicro USBケーブルって買いてあるんですよ。
でもね、写真を見てもらいたい。

WAQの説明画像

お分かりいただけただろうか…

ぬぁんと!ライトニングケーブルに変換できるんですよ!

コレが無料で付属しているのって、マジで感動ものです。ケーブルって色々種類があって、持ち運ぶとなるとごちゃごちゃしてしまいがちじゃないですか。

micro USBケーブルとライトニングケーブルがコレ1本あればOKというのは、持ち物のコンパクト化にも繋がります。ホント購入して良かった。

モバイルバッテリーとしても使える

WAQはLEDランタンとしてだけではなく、モバイルバッテリーとしても使用できます。

バッテリー容量は10000mAhとの記載があります。
満充電でiPhone Xsを2.5回充電できるくらいの容量みたいですね。

ランタンとして使うのがメインになると思うので、キャンプ中にモバイルバッテリー用途で使うかどうか考えると…微妙かな?

スマホに充電してバッテリー消費した為に、LEDランタンとして使えなくなったら意味ないですからね…。
1泊のランタン用途での使用でどれだけバッテリーが残るかは要検証です。

とはいえ、デザインがオシャレなので普段モバイルバッテリーとして持ち歩くのは全然アリだと思います。軽量ですしね。

WAQの説明画像

こんな感じで収納ケースにカラビナつければ、バッグなんかに引っ掛けて持ち運べますよ。

>>モバイルバッテリー用にWAQをチェックする

まとめ

本記事ではLEDランタン「WAQ」について紹介しました。
WAQの魅力は十分伝わったと思います。

特に付属品には大変満足できました。
間違いなく買いだとオススメできます。

キャンプだけでなく、普段使いや撮影の時など、様々なシーンで活躍するWAQは購入しておいて損はありませんよ。

関連記事【WAQの口コミレビューはいかほど?】実際にキャンプで使って分かったメリットとデメリットを紹介

人気記事【失敗談】モーラナイフでのバトニングには限界がある【おすすめの薪割り方法】