【iPhone用ジンバル】Osmo mobile2とSNOPPA ATOMを比較【レビュー】

ガジェット

手軽に動画撮影するならiPhoneが一番ですが、問題になってくるのが「手振れで上手く撮れていない」という状況。

そんな問題を解決するのがジンバルです。

ジンバルを使えば、iPhoneなどのスマホでも手振れしない綺麗な映像が撮影できます。

僕はこれまで2つのジンバルを試してきたのですが、手持ち撮影では欠かせない存在となりました。

と、いうわけで本記事ではiPhone撮影用のジンバル「Osmo Mobile 2」と「SNOPPA ATOM」を比較して紹介します。

Osmo mobile2とSNOPPA ATOMを比較

ジンバルの比較画像
僕が実際に購入して試したのが、この2つ。

最初にOsmo mobile2を使って、「iPhoneでこんなブレのない映像が撮れる!!」と感動しました。が、Osmo mobile2は折りたたみ式ではない為、持ち運ぶにはちょっと嵩張る…。

もっと気軽に持ち出したいとの思いから、折りたたみ式でコンパクトなSNOPPA ATOMを追加で購入したという経緯があります。

それぞれの特徴

  • Osmo Mobile 2:可動域が広く使いやすいが、コンパクトではない
  • SNOPPA ATOM:多機能でコンパクトだが、可動域が狭い
比較してみて思ったのは、一言でジンバルといっても、製品によって特徴が明らかに異なるということ。

可動域の違い:Osmo mobile2が圧勝

まずはOsmo mobile2の画像から。

Osmo mobile2はほぼ逆さまOK

Osmo mobile2の画像

上記画像のとおり、Osmo mobile2は、ほぼ逆さまになるくらいまでしっかり水平を維持できています。

一方、SNOPPA ATOMは可動域以上に傾けると、水平を保てなくなります。

SNOPPA ATOMは可動域が狭い

SNOPPA ATOMの画像

Osmo mobile2と比較して、かなり浅い角度で水平が保てなくなっています。

動きの激しい撮影にはSNOPPA ATOMよりもOsmo Mobile2の方が適していると言えるでしょう。

Osmo mobile2は可動域で圧勝

これだけ可動域が広ければ、どんなシーンにも対応できます。動きのある撮影をする上で、可動域を気にせずに済むのは大きなメリット。

可動域という点においては、紛れもなくOsmo mbile2の圧勝です。

多機能という点ではsnoppa ATOMに軍配

可動域が狭くてもSNOPPA ATOMを選ぶ人が一定数います。

その理由は、他のジンバルにはない機能がついているから。

SNOPPA ATOMの機能性

  • iPhoneで撮影しながらワイヤレス充電できる
  • 本体に外部マイクを接続できる
必要最低限の機能しか搭載していなジンバルが多い中、こういった便利な機能がついていることで、他の製品とは差別化がされています。

便利な機能を積んでいながら、本体設計は折り畳みが可能でコンパクト。

激しい動きには対応しにくいジンバルですが、ちょっとした歩き撮りくらいであればSNOPPA ATOMが便利かもしれません。

純正カメラアプリはほぼ使わない

どちらのジンバルにも、専用のアプリケーションが用意されています。

が、使い勝手はそれほどよくないので、僕は使っていません。iPhone純正のカメラアプリの方が使いやすいです。

専用アプリ名

  • Osmo mobile2:DJI GO
  • SNOPPA ATOM: Snoppa
アプリの使い勝手は人それぞれなので「純正アプリがダメ」とは言いませんが、普段からiPhone純正カメラで撮影している人は、わざわざ専用アプリを使う気にはならないと思います。

カメラアプリはFilmic Proが最高

「ジンバルの購入でカメラアプリもグレードアップできるかと思ったけど、そうじゃないのか。iPhone用の良いカメラアプリってないのかな」

こういった人は、間違いなくFilmic Proがおすすめ。有料アプリですが、僕は撮影の際はこのアプリ以外はもう使えないくらいになりました。

Filmic Proの価格は¥1,840

Filmic Proの画像

高性能なアプリだけあって、決して安いとは言えません。が、一眼レフなどしっかりした機材を購入する場合、数万円はかかるので、お手軽にステップアップしたいならこの価格はお得。
  • 手ブレなしの映像が撮れればOK:ジンバル+iPhone純正カメラ
  • 手ブレなしで映像の質も高めたい:ジンバル+Filmic Pro
棲み分けとしてはこんな感じでしょうか。
そんなにお金を使いたくないということであれば、iPhone純正カメラでも十分です。

>>Filmic Proをチェック

比較の結果:それぞれ特徴があるので、自分の用途に合わせて選択しよう

これだけ特徴に違いがあると「どちらが優秀」とは断言しがたい。

自分がジンバルにどんな性能を求めているのかをハッキリさせた方が、間違いのない選択ができます。
普段から持ち歩くのであれば、SNOPPA ATOMが良いです。カバンに入れても気にならないサイズ感。Osmo mobile2は、専用ケースでの持ち運びは普段使いとしては厳しいです。が、カメラバッグなどサイドポケットがある場合は、話が変わってきます。

サイドポケットでOsmo mobile2を運ぶ

Osmo mobile2の画像

普段からガシガシ使っていきたいなら、こんな感じで持ち運ぶのも選択肢。僕もたまにこんな風に持ち運びますが、今のところ全く問題ありません。

ちなみに、画像のカバンはマンフロットのカメラバッグ。撮影機材が一式マルッと入るうえに、日常使いもできるおしゃれバッグです。

詳細もレビューしていますので、気になった人は下記からどうぞ。

関連記事【オシャレすぎ】マンフロットのカメラバッグを購入した感想【レビュー記事】

Osmo mobile2のレビュー

ここからはもう少し深掘りをして、それぞれのジンバルについてさらに細かくレビューしていきます。

どちらを購入しようか迷っているあなた、是非参考にしてみてください。まずはOsmo mobile2のレビューからいってみましょう。

Osmo mobile2の使い方

基本的にスマホ用ジンバルは、セット時にある程度バランスを調整しておけば、あとは自動で水平を保ってくれます。

バランス調整のやり方

Osmo mobile2の画像

調整部分は2ヶ所。iPhoneが水平になるように位置調整すればOKです。

各種ボタン説明

Osmo mobile2の画像

ボタン配置は画像のとおり。メインの操作系は正面に配置されています。シンプルなので、視覚的にも分かりやすい。

サイドはワイドとズームのボタン

Osmo mobile2の画像

個人的には、このボタンは使わないですね。撮影しながらだとちょっと操作しにくい位置にあります。

充電方法

Osmo mobile2の画像

端子はmicro USBでの充電となります。この他には接続端子はありません。至ってシンプル。

底面には三脚ネジがある

Osmo mobile2の画像

三脚を接続すれば、定点撮影もできるようになります。タイムラプスの撮影にも便利なので、撮影のバリエーションを増やしたいなら三脚もあった方がいいですね。

Osmo mobile2のメリット

冒頭から少し触れていますが、Osmo mobile2のメリットは下記。

メリット

  • 可動域が広い
  • 適度に追従してくれる
  • 使いやすいボタン配置
SNOPPA ATOMとの最も大きな差別化が「可動域の広さ」です。

正面を撮影しながら、パッと下にカメラを向けても、無理なく追従してくれるのは非常に使いやすい。

追従具合もちょうどいい

  • Osmo Mobile 2:手を動かした分だけ緩やかに追従してくれる
  • SNOPPA ATOM:追従具合が弱く、手を大きく動かさないと思った位置まで追従しない
同じ距離だけ手を動かしても、SNOPPA ATOMの方が手前で止まるイメージ。

広い範囲を流し撮りしたい場合は、Osmo mobile2を使った方がストレスをなくせます。

Osmo mobile2のデメリット

さて、当然ですがデメリットもあるので触れておきましょう。

デメリット

  • 持ち運びがしにくい
  • 外部マイクの接続ができない
  • チルト追従がない
折りたたみ式ではない上、専用ケースも大きいので、普段から持ち歩くには不向きかもしれません。

マイクはiPhoneに依存

Osmo mobile2にある端子は充電用のmicro USBのみ。

外部マイク接続用の端子が存在しないので、音質はiPhoneに依存します。
  • 音質にもこだわりたい
  • 外部マイクも使いたい
こういった人にとっては、Osmo mobile2を使うという選択肢はなくなるのかなという印象。

チルト(上下の動き)はジョイパッドでの操作のみ

下から上へゆっくりとカメラアングルが変化していくような撮影は、手元のジョイパッドで操作するしかありません。

僕の場合は、チルトを使って撮影することがあまりないので気になりませんが、多用する人にとっては若干慣れが必要かもしれません。

Osmo mobile2はこんな人におすすめ

メリットとデメリットを考慮した上で、Osmo mobile2がおすすめの人は下記。

  • コンパクト性を重視しない
  • 最低限必要な機能さえあればいい
  • 使いやすさが一番

使いやすさについてはピカイチ。初めてのジンバルとしては最適だと言えます。

ただし、持ち運びについてはネックになるので、普段使いというよりは「旅行などでガッツリ撮影するぞ」という場合に向いているかも。

コンパクトさは気にしないけど、とにかく使いやすさが一番、という人はOsmo Mobile 2を選ぶと間違いありません。

今なら価格も1万円を切っているので、予算を抑えたいなら間違いなく買い。

SNOPPA ATOMのレビュー

SNOPPA ATOMの画像
では次に、SNOPPA ATOMのレビューをしていきましょう。

結論、多機能とデザインで選ぶならSNOPPA ATOMで決まりです。

SNOPPA ATOMの使い方

バランス調整のやり方は、iPhoneをセットする位置を調整するのみ。こっちの方がセットアップの手間が少ない。

iPhoneが水平になる位置

SNOPPA ATOMの画像

多少ズレていても、電源を入れると補正してくれるので問題ありません。

各種ボタン類の解説

SNOPPA ATOMの画像

正面にメイン操作系のボタンが配置。ここはOsmo mobile2と変わらず。見た目はこっちの方がカッコいいかも。

サイドの画像

SNOPPA ATOMの画像

サイドにはズームボタン、電源ボタン、Mボタン(カスタマイズ可能)があります。Mボタンは専用アプリで動作の割当が可能。自分がよく使う操作に割り当てることで使いやすさUP。

イヤホンジャックが付いているので、外部マイクを接続すれば、音質にもこだわることができます。

SNOPPA ATOMのメリット

では、SNOPPA ATOMのメリットをまとめてみましょう。

メリット

  • 外部マイクが接続できる
  • ワイヤレス充電対応
  • コンパクトで持ち運びが楽
折り畳みできる構造なので、普段から持ち運ぶのはSNOPPA ATOMの方が絶対に楽です。

収納袋に入れた状態

SNOPPA ATOM の画像

カバンに入れても気にならないサイズ。

撮影しながらワイヤレス充電

多機能性を主張する上で外せないのがワイヤレス充電対応という点。

ジンバル本体の充電ではなく、撮影しながらスマホをワイヤレス充電できるという意味。ワイヤレス充電に対応したスマホを使う必要があるので、iPhoneは8以降の機種に対応です。

外部マイクとの接続は最大のメリット

SNOPPA ATOMの最大のメリットと言っても良いのが外部マイクの接続ができる点。

  • 手ブレのない映像が撮りたい
  • iPhone撮影で音質も向上させたい

上記2点に対して、どちらも解決できるのがSNOPPA ATOMの強み。

SNOPPA ATOM本体と接続して使う外部マイクならSaramonicがベスト。というか、SNOPPA ATOM使っている人はほとんどコレ。

外部マイクを使うなら変換ケーブルが必要

iPhoneのライトニング端子をイヤホンジャック端子へ変換するには変換ケーブルがひとつ必要になります。

変換ケーブルの画像

SNOPPA ATOMの画像

Saramonicには4極と3極どちらのタイプも発売されています。先ほどのリンクは4極の物なので、iPhoneの外部マイクとして使うなら購入するタイプを間違えないようにしましょう。

外部マイクを使うなら3極と4極の知識が必須

「3極とか4極とかって何?よく分からないんだけど」

こういった人も多いと思います。僕も外部マイクについて勉強するまでは知りませんでした。

簡単に説明すると「一般的に普及しているイヤホン端子3極という種類の物。一方でiPhoneは4極という種類なので、互換性がない」ということ。多くの機器とiPhoneでは互換性がない為に、3極と4極の変換が必要になってくるということですね。

iPhone用の外部マイクを購入しようと考えているなら、この辺りの知識がないと「買ったは良いけど使えない…」なんてことになりかねません。間違った買い物をしない為にも、下記の記事は参考にしておくことをおすすめします。

参考記事【外部マイクの選び方】コスパならRODEのVideoMicroが最強【iPhoneでも使える】

SNOPPA ATOMのデメリット

当然、こちらもデメリットがあります。

デメリット

  • 可動域が狭い
  • 追従性能が鈍い
  • 純正ケーブルじゃないと充電不可?

ここまでの内容でも触れてきましたが、可動域の狭さと、追従性能の低さは完全にデメリット。

追従性能が低い=映像の移り変わりが緩やかなので見やすい、という考え方もありますが、個人的にはもっとキビキビ動いてくれた方が使いやすいと思います。

充電できない!と困惑する人続出

レビューを見てみると、なぜか充電できないという人が続出していました。実は僕もその一人。

SNOPPA ATOM本体の充電はmicro USBなので、普段使っているケーブルで充電していたのですが、なぜか充電されないんですよ…。

そこで、試しに付属していた充電ケーブルを使ってみたところ、問題なく充電されました。

考えられる問題

  1. たまたま不良品に当たった
  2. 製品の仕様
いずれにしても、製品としてちょっと難が出てくる部分かなという印象。

純正のケーブルを使えば充電できるので、実用性については問題ないのですが、デメリットなのは間違いないですよね。

SNOPPA ATOMはこんな人におすすめ

メリットとデメリット、それぞれ考慮した上で、SNOPPA ATOMがおすすめな人は下記。

  • 普段からジンバルを持ち歩きたい
  • おしゃれなジンバルを使いたい
  • 音声は外部マイクを使う

このような需要を満たせるのはSNOPPA ATOMだけ。

Osmo mbile2では代用できません。特に音質にこだわる場合、外部マイクとの接続が必須ですからね。

見た目で選ぶなら間違いなくSNOPPA ATOM

ジンバルの中で、最もデザイン性が高いと思います。

所有欲が満たされるガジェットは、やっぱりイイ。
普段から持ち歩く物なら尚更、おしゃれなガジェットを選んだ方が、満足度は高くなりますよ。

ジンバルと共に買っておいた方が良い物

あなたにピッタリのジンバルは決まりましたか?

どちらのジンバルを購入するとしても、同時に購入しておいた方が良い物があるので、その点についても補足しておきましょう。

ジンバルの相棒2点

  • ミニ三脚
  • スマホ用レンズ

これらのアイテムがあれば、撮影の安定性を高めると共に、映像のバリエーションも増やせます。

ミニ三脚

ジンバル撮影の安定性を高めるのに必須のアイテム。

「手持ち撮影用のアイテムなんだから、三脚なんて必要ないでしょ」という考えも理解できますが、僕の経験上、絶対あった方が良いです。

ミニ三脚が活躍するシチュエーション

  • 定点撮影する
  • タイムラプスを撮る
  • ちょっと置いておくとき便利

歩き撮影しかしない!という場合は不要かもしれませんが、定点撮影タイムラプスも撮影する可能性があるなら、三脚は必要です。

また、撮影の合間にちょっとその辺に置いておきたい、という場合にも三脚があれば便利。

横置きで放置すると、不安定ですし、本体に傷が付く可能性もあります。三脚を装備することで、そういったリスクを抑えることが可能。

ミニ三脚ならPIXIが最強

ジンバルに三脚を装着する場合、大きい三脚だと機動性が失われます。

結果として、ジンバルに最適なのはコンパクトなミニ三脚ということになるのですが、中でもPIXIという商品が秀逸。

PIXIの画像

PIXIの説明画像

コレ、めっちゃカッコよくないですか?

僕も愛用しているPIXIですが、ジンバルだけでなく一眼レフなどとも使い回せるので重宝しています。

PIXIが気になった人は、下記の記事を参考に。

関連記事【マンフロット】PIXIはコスパ最高のミニ三脚【メリットとデメリットを解説】

スマホ用レンズ

iPhone11以降を使っている人は、純正カメラの画角だけでも十分だとは思いますが、さらにバリエーションを増やすならスマホ用レンズがおすすめ。

必須ではないですが、お手頃価格で映像に変化を付けられるので、購入して損はありません。

スマホ用レンズのメリット

  • 純正レンズよりも広角で撮影できる
  • マクロ撮影に対応できる

特に、マクロ撮影については純正カメラでは絶対に無理。

マクロ撮影では対象物を超絶アップで映すので、ちょっとした手ブレでも台無しになります。

通常、マクロ撮影では三脚での固定撮影が基本ですが、ジンバルがあれば手ブレしないので「動画でのマクロ撮影」が可能。面白い映像が撮れます。

僕が購入したのはLuxsure

Luxsureの画像

安いのにおしゃれ。なのにレンズが2つも付属しているのが購入の決め手でした。

おしゃれケース+レンズ2種類

Luxsureの画像

対抗馬としてAUKEYも検討したのですが、最終的に選んだのはLuxsure。

  • Luxsure:クリップの付け外しだけでレンズの交換が可能
  • AUKEY:クリップからレンズを取り外し、別のレンズを取り付ける必要あり

レンズ付け替えの手間を考えた上で、Luxsureを選択しました。

正直、この手の商品でスペック的に大きな差はありません。価格やデザイン性、使い勝手などを考えて、自分好みのレンズを選べばOKです。

まとめ:iPhone撮影にジンバルは最高の相棒

最近のiPhoneは手振れ補正も高性能になってきているので、ジンバルの必要性については「絶対に必要」とは言えなくなってきています。

ただ、ジンバルの有無で撮れる映像の質は確実に変わる。
  • 手ブレの無い滑らかな映像が撮りたい
  • iPhone撮影をグレードアップしたい
こういった人は一度ジンバルを試してみて欲しい。これまでと違った映像が撮れるようになります。
最新のiPhoneに買い換えるより、ジンバルを購入した方が出費も抑えられるので、手軽に撮影環境を整えられますよ!

人気記事【MOFTって知ってる?】MacBookでの作業が圧倒的に楽になるスタンド【レビュー記事】

人気記事【モノカリ】カメラのレンタルは本当にお得?おすすめできる家電を厳選した【利用方法も解説】