【オシャレすぎ】マンフロットのカメラバッグを購入した感想【レビュー記事】

ガジェット

「普段カメラを持ち歩くんだけど、一眼レフ用のカメラバッグが欲しいな。ついでに普段使いできるようなオシャレなバッグがいいな。」

本記事ではこんなお悩みを解決します!

一眼レフを持ち歩くなら、保護能力の高いカメラバッグが必須。でもカメラバッグってなかなかオシャレな物がありませんよね…。

そんな人におすすめなのが、マンフロットから発売されているカメラバッグです。

本記事では見た目もオシャレで、使いやすさ抜群なマンフロットのカメラバッグの感想をレビューしたいと思います。

普段使いもイケるお洒落なカメラバッグ

ガジェット好きでカメラやPCを持ち運ぶことが多く、オシャレにもこだわりがある、あなた。マンフロットのカメラバッグは知っておいた方がいい。

マンフロットのカメラバッグの画像

実際に購入して使ってみたのですが、オシャレなだけでなく、機能性も高い。

ポイント

  • 普段使いに最適な12Lの容量
  • 豊富なポケット
  • 人間工学に基づいた設計

普段使いに最適な12Lの容量

大きすぎず、小さくもない、普段使いならマジで最適なサイズです。カメラ関連の機材を入れても、収納にはまだ余裕があります。

カメラ収納部分

マンフロットのカメラバッグの画像

上記はカメラ収納部分。仕切りの形は自分の好きなようにレイアウトできるので、手持ちのレンズの大きさや持ち運ぶ外部パーツなどによって変更できます。

望遠レンズや単焦点レンズなど、機材がバラバラでもそれに合わせて収納を変えられるのって、かなり便利。

マジックテープが超強力!

マンフロットのカメラバッグの画像

仕切りのマジックテープは超強力なので、精密機器を保護する上で安定感があります。チープなマジックテープとは品質が段違い。

赤い部分もマジックテープ。大まかなレイアウトは赤い仕切りで決め、細かい仕切りは迷彩のパーツで仕切る形になります。

収納例:僕の場合

マンフロットのカメラバッグの画像

僕の場合は上記の感じで収納しています。スペースに無駄なく収納できるのはマンフロットだからこそ。

画像に写っているアイテムの詳細は下記。

持ち歩くアイテム

  • 一眼レフ本体
  • 50mm単焦点レンズ
  • 25mm単焦点レンズ
  • 55-250mm望遠レンズ
  • 外部マイク
  • 予備バッテリー
これくらいの物を入れてもまだ余裕が少しあるので、一般的な人のカメラ装備であれば十分収納できるサイズ。

普通のカメラバッグなら、機材を収納して「ハイ終了」です。が、マンフロットはカメラを収納した状態で、まだ半分しか容量を使っていません。

バッグ上部の収納は普段使い用

マンフロットのカメラバッグの画像

バッグ上部の収納とカメラ収納部分は、ファスナーで仕切るようになっています。当然、ファスナーを開けば仕切りがなくなるので、普通のバッグとしても使用可能。

細かいポケットがたくさんあるので、細々した物も整理して持ち運べます。

別アングル

マンフロットのカメラバッグの画像

別アングルはこんな感じで、反対側にも1つポケットが付いています。これでもか!というくらいのポケット数。

僕の場合、上部収納には少し大き目のモバイルバッテリーとケーブル類を持ち運ぶことが多いので、まとめて整理して入れています。

ガジェット類の画像

こんな感じ。アマゾンで1000円以下で買えるので、ケーブル類などまとめて整理したい人は購入しておくといいかもしれません。

背面にノートPCも入る

マンフロットのカメラバッグの画像

背面にもノートPC用のポケットが付いています。15インチまでOKなので、持ち運び用ノートなら問題なしですね。

保護能力はかなり高いので安心してノートPCも持ち運べています。ガジェット好きにはたまらない機能性の高さ。

サイドポケットもあるよ

マンフロットのカメラバッグの画像

左右にサイドポケットが付いているので、僕の場合は普段は折り畳み傘を挿していて、場合によっては三脚を持ち運ぶこともあります。

さすがカメラバッグというだけあって、考えられた構造になっていますね。

人間工学に基づいた構造

マンフロットのカメラバッグの画像

背負う部分が湾曲しているのが分かると思いますが、実際に背負ってみての感想は『こんなに荷物を入れているのに軽い』というものでした。

他のリュックを背負っているときと比べて肩への負担が全然違うんですよ。

こればかりは実際に背負ってみた人にしか分からないと思いますが、人間工学に基づいて設計されているというのは納得できました。

唯一のデメリット

このバッグの唯一デメリットだと感じることが、置いた時に重心がフロント側に寄ってしまうので倒れやすいことですね。

垂直に置くのは少し難があるので、ちょっと背面側に傾けて立てかけるのがいいと思います。

ただこれはそれほど大きなデメリットではないかなという印象でした。

まとめ

見た目もオシャレで機能面も文句なし、普段使いでもイケるカメラバッグならマンフロットで決まりです。

同容量で他のカメラバッグと比べると、値段はそれほど変わりませんし、圧倒的にオシャレなのはこちらです。

カメラバッグと言わず、普段使いのバッグの買い替えを考えていたり、これから一眼レフを買ってみようかなという人にも自信を持っておすすめできます。

ガジェット類の大半は精密機器。安物のバッグを使うと、大切なガジェットが壊れる危険もあるので、保護能力が高いマンフロットのカメラバッグを使っておいた方が安全ですよ!

関連記事【GoPro格安レンタル】保証で選ぶならモノカリかレンティオが安心できるぞ【比較してみた】

人気記事【外部マイクの選び方】コスパならRODEのVideoMicroが最強【iPhoneでも使える】