【GoPro格安レンタル】保証で選ぶならモノカリかレンティオが安心できるぞ【比較してみた】

ガジェット

「旅行用の動画や写真なら、GoProが良いって聞くけど、購入するのは高いなあ。GoProのレンタルサービスって、どうなんだろう?」

本記事では、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • GoProは格安レンタルがお得
  • GoProのレンタル価格を3社比較した
  • 重要:保証で選ぶならモノカリかレンティオが安心できる
レンタルは「壊してしまった時が不安」という人は、保証がしっかりしたサービスを使えば問題ありません。その辺りも含めて、解説していきますね。

GoProは格安レンタルがお得

ガジェット記事アイキャッチ画像

GoProは、旅の記録を残すには最適なガジェットです。

GoProのメリット

  • カバンやポケットに入るサイズ
  • サッと取り出せてすぐ使える
  • 高画質
撮りたい瞬間、すぐに使えるので、旅のお供にピッタリ。

GoProを使えば思い出を「美しく」残せる

せっかく思い出を残すなら、美しい動画や写真の方が良いですよね。

上記はGoProの公式Instagramです。こんなに美しい映像を残せるなんて最高ですよね。

SNSに投稿する場合も、GoProを使えばワンランク上の投稿が可能。

ちょっとしか使わないなら購入よりレンタルがお得

GoProを購入する場合、最新機種となると5万円近くの出費がかかります。

たった1度の旅行用に購入するには、ちょっと費用が高いですよね。

GoPro hero8の場合

  • 購入:約5万円
  • レンタル:約1万円
レンタルの場合、3泊4日でこの価格。ちょっとしか使わないなら、レンタルの方が費用を抑えられます。

5回以上使うなら、レンタルより購入の方がお得

ほとんどのレンタルサービスにおいて、購入する場合と比べて5分の1程度、出費を抑えられます。

つまり、5回以上使う予定があるのなら、GoProを購入してしまった方がお得という計算。

GoProを購入した方がいい人

  • これから本格的に動画や写真の撮影を始めたい
  • せっかくお金を払うなら、自分の所有物にしたい
上記のように考える人は、レンタルするよりも購入してしまった方が良いです。
利用頻度がどれくらいになるかまだ未定」という曖昧な人は、とりあえずレンタルで試してみるのがおすすめ。

価格差5倍というのは、やはり大きいです。
>>モノカリでGoProのレンタル情報をチェックしてみる

GoProのレンタル価格を3社比較した

GoProをレンタルする場合、どこのサービスを利用するのが格安なのか、比較してみましょう。

GoProのレンタルを行なっているサービスの中で、メジャーなものを3社比較しました。

ピックアップの基準

  • 自宅だけでなく旅先でも受け取れる
  • 返却方法に困らない
  • 壊してしまった時の保証がついている
上記の基準を満たした3社をピックアップしました。GoProをレンタルするなら、この中から選ぶと失敗がないと思います。

最初に例として、最新機種であるGoPro hero8のレンタル価格と合わせて、下記にまとめます。

主なGoProのレンタルサービス

それぞれ初心者セットの価格。SDカードや予備バッテリー、自撮り棒などのアイテム付き。

本体だけのレンタルならもう少し価格は抑えられますが、自撮り棒など専用アイテムがないと正直使いづらい。そういったこともあり、セットでのレンタルが人気のようです。

初心者セット内容

  • GoPro本体
  • 防水ハウジングケース
  • 自撮り棒
  • SDカード
  • 充電器&予備バッテリー
3社とも、初心者セットの内容としては上記のとおり。これだけ揃っていれば十分。

モノカリが最安

モノカリだけ2泊3日からレンタルが可能。3泊も必要ないという場合は、モノカリでのレンタルがおすすめ。

3日以上からのレンタルが可能で、レンタル期間は指定が可能。3泊4日なら10,980円なので、他の2社と同一の価格ですね。

公式HPの画面

モノカリ説明画像

こんな感じで、レンタルしたい期間を指定すると、期間に応じた金額が表示されます。

レンタルしたい期間は人それぞれなので、細かく設定できるのは嬉しいですね。

旧モデルならもっと安い

  • GoPro hero7:9,580円
  • GoPro hero6:6,630円
  • GoPro hero5:5,780円
いずれも2泊3日、初心者パックでの価格です。当然、旧モデルになるほど価格は抑えられています。

最新の機種にこだわりがなければ、旧モデルのレンタルもアリ。ただ個人的には、どうせ借りるなら最新モデルが良いと思います。

月額プランもある

  • GoPro hero7:19,800円
  • GoPro hero6:13,800円
  • GoPro hero5:10,900円
記事執筆時点で、GoPro hero8の月額プランはありません。旧モデルをレンタルする場合、16泊以上借りるなら月額プランでのレンタルがお得。

長期の旅行、または購入前のお試し期間としてレンタルするなら、月額プランの方がお得になるケースもありそうですね。

モノカリは返却方法が一番楽

  • 空港
  • コンビニ
  • ヤマト営業所
  • 郵便局
返却方法は上記のとおり豊富。全国の空港から受け取りと返却ができるのはモノカリだけ。これなら返却方法に迷うことはありません。

また、返却期限についてですが「返却日の24時までに返却すればOK」なので、時間に余裕が持てるのもポイントです。
>>モノカリでGoProをレンタルしてみる

レンティオは長期割引が特徴

レンティオだけの特徴として、最低3ヶ月からの月額プランが用意されています。

こちらは最新機種GoPro hero8も月額レンタルが可能。ここがモノカリとは違う点ですね。

公式HPの画面

レンティオの説明画像

GoPro hero8の場合、1ヶ月のレンタル料金が10,000円。モノカリの月額プランはhero7で19,800円なので、長期で借りるならレンティオがお得です。

注意事項としては、最低利用期間が3ヶ月という点。つまり、最低でも30,000円からのレンタル。月額で考えると安いですが、コレだけ出すなら購入した方が良い気がしなくもない…。

旧モデル初心者セットの価格

  • hero7:9,980円(月額プランは8,000円)
  • hero6:6,980円(月額プラン記載なし)
  • hero5:5,980円(月額プランは5,500円)
なぜかhero6だけ月額プランの記載がありません…。謎。

上記は3泊4日の料金ですが、こちらもレンタル期間は細かく指定が可能です。

レンタル期間の指定画面

レンティオの説明画像

レンタル期間を入力することで、期間に応じた金額が表示されます。

正直、月額プランで借りるなら、最新機種は高いかなという印象。2シーズン借りたら、本体価格超えちゃいますからね。

ただ、旧モデルはお得だと思います。hero5が月5千円台で借りれるのは安い。

返却方法

  • コンビニ、郵便局から返却
  • 自宅から返却(ヤマトor佐川)
空港からの返却はできませんが、コンビニが利用できるのであれば問題ないですね。ローソンと郵便局に関しては、自分でゆうパックの送り状を準備する必要があるので、少し面倒かも。自宅から返却する場合、ヤマトか佐川に集荷してもらえばOKです。

返却期間に関しては、レンタル最終日の24時までに手続きを完了させれば良いので、こちらも時間に余裕が持てますね。
>>レンティオでGoProをレンタルしてみる

RentryはWebサイトが見やすい

Webサイトのデザインが良い。使いやすいサイト設計なのは間違いありません。

レンタル画面でレビューや、ユーザーが実際に撮った写真も見れたりするので、自分が使った時のイメージがしやすい。

公式HPの画面

Rentryの説明画像

レビューを見る限り、サポート対応が非常に良いみたい。初めてレンタルサービスを利用する人にとっては安心感があるかも。

レンタル料金についてはhero8の初心者セットが3泊4日で10,980円。レンティオと同一価格なので、価格の部分では差別化できていません。

旧モデルの価格

  • hero7:9,980円
  • hero6:6,980円
  • hero5:5,980円
旧モデルについてもピッタリ同価格。ただ、月額プランがないので、長期レンタル向けのメリットがありません。そういった点ではレンティオに軍配が挙がります。

もう少し差別化されていれば、選択の余地がありそうなのに…。

返却方法

  • ヤマトor佐川で集荷
  • ヤマト提携のコンビニ(セブンやファミマ)
  • ローソンと郵便局はゆうパック送り状を自分で準備
Rentryも空港では返却不可。ただこちらもコンビニが利用できるので、返却に困ることはないでしょう。

レンティオと同様、ローソンと郵便局から返却する場合、ゆうパックの送り状を準備しなければならないのが不便ですね。

重要:保証で選ぶならモノカリかレンティオが安心できる

さて、ここが一番重要です。レンタル期間中、もしもGoProを壊してしまった場合の保証はどうなるのでしょうか。

3社の保証内容を見ることで、どのサービスを選ぶのが安心なのか分かります。

3社共通の注意事項

  • 無過失の故障・破損:全額返金
  • 紛失・盗難:本体価格が請求される
初期不良なども含め、無過失の故障や破損に関しては全額返金されます。ここは安心できますね。

紛失と盗難については、当然ながら弁償となりますので、注意しましょう。

モノカリの保証内容

モノカリの場合、ユーザーに過失がある場合、上限2,000円での保証が約束されています。

つまり、ついうっかり壊してしまった場合でも、こちらの負担は2,000円で済むということ。

過失による故障の例

  • 落としてしまった
  • ぶつけて傷がついた
  • 服の色が移ってしまった
ありがちな不注意。やってしまう可能性が高いだけに、自己負担2,000円で済むのは安心できますね。

ただし、この保証は、修理が可能な範囲内での適用。粉々に破壊してしまったり、水没で再起不能になった、など修理が不可能な場合は全額負担になるので注意。

レンティオの保証内容

レンティオもモノカリと同様に、過失による故障については上限2,000円での保証がついています。

下記、レンティオの保証内容を転載しておきます。

お客様の過失による故障・破損
落下や水濡れなど、お客様の過失による破損の場合は免責代金として、2,000円を上限とした金額を申し受けます。

上記にあるとおり、水濡れも保証対象のようです。

ただし、こちらも修理可能な範囲内での保証。修復不可の状態だった場合、全額負担になってしまうので注意。

Rentryの保証内容

Rentryの保証内容は、他2社と比べてシビア。

2,000円上限での保証、という内容ではありません。詳細は下記。

過失内容と請求金額

  • 水没させてしまった場合:一律25,000円の請求
  • 画面が割れてしまった場合:一律20,000円の請求
正直、安心感はありませんね。不注意で落としてしまうことって割とあります。

保証の面から見ると、わざわざRentryを選ぶメリットはないかもしれません。

まとめ:保証付きで安心したいなら、モノカリかレンティオでGoProをレンタルしよう

保証内容で選ぶなら、モノカリかレンティオが安心できます。

画面割れによる上限負担が2,000円で済むのは、やっぱり安心感が違いますよね。落としたら20,000円請求の可能性が…。なんて考えると扱いにも神経質になりすぎます。

どちらを選ぶべきか

  • 空港で受け取りも返却もできるなんて便利すぎ!と思う人:モノカリ
  • 旧モデルの長期レンタルがお得じゃん!と思った人:レンティオ
上記のような棲み分けで問題ないかと思います。価格については横並びですからね。

本記事では、GoProレンタルサービスにおいて、3社を比較してみました。重要なポイントのみまとめたので、本記事の内容だけでも十分比較はできるはず。

最終的にどのサービスを利用するのかはあなた次第。あなたにピッタリなプランを選んでみてください!

個人的には、モノカリが一押し。迷ったらモノカリを選んでみると良いですよ!
>>モノカリをチェックしてみる

人気記事【一眼レフカメラの選び方】初心者はフルサイズとAPS-Cのどっちが良いのか解説

人気記事【外部マイクの選び方】コスパならRODEのVideoMicroが最強【iPhoneでも使える】