【最高にオシャレなワイヤレスチャージャー】LUMENA W1をレビュー【AirPodsもOK】

ガジェット

iPhoneを充電する時、ケーブルの抜き差しって面倒じゃないですか?

場合によっては途中でケーブルを抜いて、用が済んだらまたケーブルを差し直すという手間が発生します。

頻繁に抜き差しすると、ケーブルに負荷がかかり、断線しやすくなるデメリットも。あなたもケーブルを壊した経験があるはず。

そして僕は閃きました。

ワイヤレスチャージャーを使えばいいじゃん!

と、いうことでLUMENAのW1というワイヤレスチャージャーを購入しました。

メリットやデメリット、使い方など詳細にレビューしていきますので、どうぞ最後までお付き合いください!

本記事はこんな人向け

  • ワイヤレス充電に興味がある
  • おすすめのワイヤレス充電器を知りたい
  • できればオシャレなやつがいい
今回ワイヤレス充電を試そうと思った際、たくさんの商品を比較しましたが、LUMENAは間違いなく一番オシャレ。

では、詳細をみていきましょう。

Amazonユーザーは「【裏技】Amazonギフト券でお得に買い物する方法【クレカ払いは損】」も読んでおくと損せずに済みます。

LUMENA W1は最高にオシャレなワイヤレスチャージャー

lumena w1の画像

画像を見てもらえれば分かるとおり、LUMENA W1はデザインが最高にオシャレ。

アダプタと本体が別で届く

lumena w1の画像

本体とアダプターは別で届きました。

付属のアダプタはQuick Charge3.0対応。急速充電に対応した優秀なアダプターです。

開封後の付属品

lumena w1の画像

  • LUMENA本体
  • 本体に取り付ける脚2つ
  • 急速充電アダプター
  • USB-AtoCのケーブル
開封すると上記の付属品がありました。
脚の部分は高級感が凄い。

高級感のあるパーツ

lumena w1の画像

細かいパーツの部分までクオリティにこだわっている感じ、かなり好きです。

見た目だけじゃなく、性能も高い
僕がLUMENA W1を選んだ理由をまとめると下記。

理由

  • Apple製品にベストマッチなデザイン
  • 充電出力が高い
  • 充電しながらの使い勝手
僕はガジェットを購入する際「オシャレかどうか」という点を重視します。

LUMENA W1は長く使っていくことを考えると最善の選択だと思う。

LUMENAはApple製品にベストマッチ

iPhoneを使っているなら、LUMENAとの親和性の高さに満足できるはず。

Macbookの横に並べても、めちゃくちゃオシャレ。

Macbookのサイド置き

lumena w1の画像

Apple製品はデザインがオシャレなので、周辺機器がダサいと、デスク周りに違和感が出るんですよね。

LUMENA W1のように、オシャレなガジェットを使うことで、見た目を損なうことなく快適な環境が手に入ります。

LUMENAで充電できる物とできない物

  • iPhone8:○
  • Airpods Pro:○
  • Apple Watch:×
僕が所有しているApple製品で、LUMENAのワイヤレス充電を試した結果が上記。

Airpods Proも充電可能でした

lumenaでairpodsを充電している画像

基本的にワイヤレス充電に対応している機器はOKです。
Airpods Proが対応していたのは嬉しい結果でした。

ただ、Apple Watchは接続部分が湾曲しているので無理。ここがちょっと残念ポイント。

LUMENA W1は最大出力15W

ワイヤレス充電器の中ではトップクラスの高出力。

ただ、現時点ではiPhoneを無線充電する際の最高出力は7.5Wなので、オーバースペック。

15Wまで対応している必要はありませんが、長く使うことを考えるとメリットがあります。

理由

  • 今後のiPhoneが更に高出力のワイヤレス充電に対応する可能性がある
  • 15Wのワイヤレス充電に対応したガジェットを購入するかもしれない
LUMENA W1は価格で言うと「安い」とは言えないので、購入したなら長く使いたい。

いずれ15Wの高出力に対応したガジェットが発売された際は、買い換える必要がないので結果的に安く済む可能性があります。

LUMENA W1は充電しながらでも使える

先ほどMacbookのサイドに置いた画像をお見せしましたが、あれは脚をひとつだけ外して、斜めの状態にしています。

斜め置きすることで、iPhoneの画面が確認しやすくなり、充電しながらの操作も可能。

見栄え的にも、斜めで使うのが一番カッコいいと思うので、僕はこのスタイルで使っています。

LUMENA W1のデメリット

実際に使って分かったLUMENA W1のデメリットについてもまとめてみましょう。

  • 充電ケーブルはUSB-C to Cだと使えない?
  • 分厚いケースやスマホリング付きだと使えない
  • 寝る前の充電はやめた方がいいかも
ひとつずつ深掘りします。

USB-C to Cだと使えない?

LUMENA W1の充電端子はがUSB-Cなのですが、Macbook付属のケーブル(両端がUSB-C)に挿したところ、充電されませんでした。

純正のケーブルはUSB-A to C(片側がUSB-Aで反対側がUSB-C)なのですが、これなら当然ですが充電できました。

付属の充電ケーブルを使えばいいだけなので問題ないと思いますが、予備知識として覚えておいた方がいいでしょう。

分厚いケースやスマホリング付きだと使えない

これはLUMENA W1のデメリットというよりは、ワイヤレス充電そのものに関するデメリットですね。

分厚いケースや、背面にクレジットカードなど収納して使っている場合は、ケースから外さないと無線充電できません。
  • 落下防止でスマホリングを付けている/li>
  • スマホケースを財布代わりにしている

こういった人にとっては、ケースやスマホリングを取り外す手間が発生するので、素直に有線で充電した方がいいかもしれませんね。

ちなみに、僕はSpigenのケースを使っていて、これくらいの厚さであれば全く問題ありません。

少し余談になりますが、Spigenのスマホケースは保護能力が高いので、よくスマホを落下させるという人は試してみるといいかもしれません。

寝る前の充電はやめた方がいいかも

まだ1度だけですが、朝起きたら充電されていないことがありました。

寝る前にiPhoneを置いて、充電ランプが点いたことを確認したのは間違いないのですが、なぜか朝起きたらランプが消えていました。

その日は休日だったので良かったものの、仕事に行く前の段階で充電がされていないのは問題。

使い分けした方がいいかも

  • ワイヤレス充電:作業の合間などちょっとしたスキマ時間に行う
  • 有線充電:寝る前など長時間スマホに触らない時に行う
こういった使い分けをするのが正解かもしれません。

追記:2ヶ月ほど使用しましたが、症状の再発はありません。

ワイヤレスチャージャー他社製品と比較

僕がワイヤレスチャージャーの購入を検討した際、注目したポイントが下記。

ポイント

  • デザイン性
  • 出力性能
  • 価格
デザイン性については、LUMENA W1が圧倒的なので、他商品との比較は割愛させていただきます。

その他2点について、深掘りしていきましょう。

出力性能の基準は最大10W

ほとんどのワイヤレスチャージャーが最大で10Wの出力性能となっています。

iPhoneは最大7.5Wですが、Androidスマホ用に10Wまで対応している感じですね。

僕が比較検討した商品

先ほども触れましたが、あくまでスマホ用として考えるのであれば、LUMENAの15Wはオーバースペック

最大10Wあれば十分なので、デザインを気にしないなら無難にAnkerを選ぶのが良いかもしれません。


価格だけ見るとLUMENAは高い

ワイヤレス充電という目的のみにフォーカスすれば、だいたい2,000円くらいが妥当な価格。

デザインやブランドに拘らなければ、2,000円前後のワイヤレスチャージャーで問題ないと思います。

価格面で比較

ベルキンはApple公式でも取り扱いがあるので、信頼性があるという点に惹かれましたが、さすがに高すぎる。

2,000円という相場からすると、LUMENAは間違いなく割高ですが、僕はデザイン性を評価しました。

オシャレなガジェットは所有欲も満たされるので、僕みたいにこだわりが強い人には、LUMENAを強くおすすめします。

必要な機能さえあればデザインなんてどうでもいい」という人は2,000円くらいのワイヤレスチャージャーの中から好きな物を選ぶのが良いでしょう。

まとめ:LUMENA W1は最高にオシャレなワイヤレスチャージャー

コスパ大好き人間である僕が、割高なガジェットを購入するのは珍しいこと。

それだけLUMENA W1のデザイン性に惚れ込んでしまいました。
  • 今後のことも考えて高出力なワイヤレスチャージャーが欲しい
  • オシャレなデザインにこだわりがある
  • 安物買いの銭失いになるのは嫌だ

こういった人はぜひLUMENA W1をお試しください。初めてApple製品を手にした時のような、ワクワク感を思い出すはず。

そもそも有線ケーブルが壊れて、何度も買い換えれば、結局のところ出費が重なります。それなら早い段階でワイヤレス充電を導入して置いた方が経済的

僕は購入して大満足でした!

人気記事【裏技】Amazonギフト券でお得に買い物する方法【クレカ払いは損】

人気記事【無料の暇つぶし方法】自宅から出たくなくなるVODの魅力を徹底解説!【おすすめを7つ厳選】