【感想】GoPro HERO9を経験したらスマホ撮影はできなくなります

ガジェット

GoPro HERO9があれば「iPhoneで動画を撮影しよう」なんていう考えは、永遠に封印されます。

今回が初のGoPro購入だったのですが、手ブレを気にしながらスマホ撮影していた日々がバカらしく思えました。

  • iPhone撮影に限界を感じる
  • もっと気楽にイイ動画を撮りたい
  • 新しいGoProが気になる

こんなあなたは、この記事を読むことで解決です。

特に【iPhone+ジンバル】という構成で撮影している人は必見。世界が変わります。

実際にGoPro HERO9を購入して使った感想を、デメリットも含めて正直にお伝えしていきます。

GoPro HERO9の購入でジンバルが不要になった話

h2用画像

過去記事でいくつかスマホ用ジンバルのレビューもしていますが、もう使うことはないでしょう…。

とにかく、撮影開始までの手間とスピード感が天地の差なんです。

ジンバルでの撮影は時間がかかる

毎回iPhoneでバランス調整するのも面倒ですし、撮影スタートまでの手間がかかります。

ジンバル撮影までの手順

  1. iPhoneつけてバランス調整
  2. ジンバル立ち上げ
  3. カメラアプリ起動
  4. 撮影スタート
どれだけ慣れても2〜3分はかかる作業です。

すぐに撮影したいと思ったとき、パッと撮影に移れないのは大きなデメリット。

いくら手ブレのない動画が撮れるといっても、ガッツリ事前準備が必要なのはストレスです。

GoPro撮影なら5秒後にスタートできる

ジンバルと比較すると、撮影開始までのスピードは、圧倒的にGoProのほうが早い。

GoPro撮影までの手順

  1. 電源オン
  2. 撮影スタート

起動したらすぐに撮影が開始できます。
撮りたい瞬間を逃すことがないのは、大きなメリットです。

バランス調整などの手間もないので、本当に手軽に動画撮影ができます。

GoProさえあればジンバルは完全に不要。

GoPro HERO9のデメリットは4つある

h2用画像

今後はGoPro HERO9が愛用機になるのは確定しましたが、ぶっちゃけデメリットも多いです。

購入を検討している人は、4つのデメリットについて許せるかどうか、考えてからでも遅くありません。

デメリット①:専用マウントが最悪

GoPro専用のマウントって、マジで誰得な案件だと思うんです。

手持ちのミニ三脚を使おうにも、三脚用のマウントを買い足さないと無理なんて、さすがに汎用性がなさすぎます。

つまり

  • 手持ちの機材を使い回すためには、それぞれ新しくマウントを買い足さないとダメ
  • GoPro用に新しく機材を揃えるにしても、出費がかかる

ここはストレスなので、覚悟したほうがイイです。

せめて三脚用のマウントくらい付属してくれよ…。

GoPro周りでガッツリ機材を揃えるなら、万単位のお金が消えます。

デメリット②:純正アイテムがとにかく高い

予備バッテリーや、充電器など、とにかく純正品は高い!

公式の販売価格

  • バッテリー:2,500円
  • 充電器(予備バッテリー付き):6,100円

GoProのサブスクに加入すれば30%〜50%割引で買えたりしますが、それでももう少し安くしてくれよって感じ。

充電器はTELESINなどのサードパーティでも良いとして…。さすがにバッテリーは純正品以外は怖くて使えません。

僕はひとまず1つだけ予備を買って、なんとかやりくりしています。

デメリット③:新型が出る度に仕様が変わる

旧機種から乗り換えるとき、かなりの支障がでます。

  • 新しく予備バッテリーを買う必要がある
  • メディアモジュラーも買い替え

保護フィルムとか、ちょっとしたものなら買い換えるのも仕方ないですよ。

でもね、1万円近くするメディアモジュラーまで買い替えなきゃいけないのってどうなの?

ただでさえ高いバッテリーだけでなく、充電器まで買い換えろっていうのは、さすがに鬼ですよGoProさん…。

デメリット④:画面の操作性が良くない

普段のスマホスクロールの感覚に慣れていると、確実にストレスを抱えます。

操作性の違い

  • スマホ:指先で触れる感じ
  • GoPro:指の腹を擦り付けて押す感じ

だいたいこんなイメージです。
サクサク操作できるわけではないので、人によってはイライラすると思います。

設定をいじることはそれほどないので、致命的なデメリットではないですが…。

でも5万円するガジェットなんだから、そこはもっと頑張れよと言いたいです。

不満を言いつつもGoPro HERO9を使う理由

h2用画像

デメリットは決して無視できるものではありませんが、それでもやっぱりGoPro HERO9は神ガジェットなんです。

理由

  • コンパクトなのに手ブレしない
  • 水平維持機能が最強すぎる

この2点が凄まじくデカいメリットです。
これだけで買う理由になるくらい。

コンパクトなのに手ブレしない

これまではiPhoneをジンバルにセットすることで、手ブレのない動画を撮影してきました。

低予算でスマホ動画をランクアップさせるなら、ジンバルは正しい選択です。しかし、持ち運ぶにはちょっとサイズが気になる。

GoProなら

  • ポケットに入れても違和感なし
  • サッと取り出してパッと撮影開始
  • 撮影後は電源オフしてポッケにイン

取り回しのしやすさが段違いなんです。
撮影時の手間が一切なくなる上、強力な手ブレ補正機能までついてるんですよ?

それでもわざわざジンバル使う意味って、ないですよね。

水平維持機能が最強すぎる

普通はカメラが傾いてると、撮影された映像も傾いてしまいますよね。

GoPro HERO9に搭載された「水平維持機能」は、自動で映像を水平に保ってくれるんです。

いやー、神機能だわ。

つまり

  • 適当に撮影してもしっかり水平
  • 手ブレ補正との相性抜群
撮影機材として、これ以上何を望むのかっていうくらいの機能です。

5万円の価値は十分あります。

まとめ:GoPro HERO9を使うとスマホ撮影には戻れません!

h2用画像

初のGoPro購入でしたが、個人的にはイイ買い物ができたと満足しています。

ただし、今回紹介したデメリットは無視できないので、気になる人は購入しないほうがいい。きっと後悔します。

デメリットのおさらい

  • 専用マウントが最悪
  • 純正アイテムが高い
  • 新型が出る度に仕様が変わる
  • 画面の操作性が良くない

こんなデメリットがある商品に5万円の価値を感じるかどうか.
購入前にもう一度考えたほうがいいです。

自信を持ってオススメできるポイント

  • 適当に撮影しても手ブレしない
  • サッと出してパッと使える機動性
  • 持ち運ぶのはGoProだけでいい

旅行やVlogでは、間違いなく重宝します。
荷物が減らせるのはかなり大きなメリット。

実際に使って気に入らなければ、メルカリで高値で売れますし、買って損することはないでしょう。

気になったなら、是非GoProを試してみてください!

人気記事【激安】GoPro hero9を最安値で購入するたった1つの方法【注意事項あり】

人気記事【体験談】旅行にはGoProさえあればいい【便利すぎる】