【最新版】コスパ最強のポータブル電源BEST3!

ガジェット

ポータブル電源って、なんであんなに高いんだろうね。

右を見れば、5万円!
左を見れば、7万円!!

「いや…2~3万円くらいで良いヤツないんすか…?」

というのが僕の本音。

早速ググってみたのですが、どのサイトも

  • 容量別ランキング
  • 価格別ランキング

みたいなのはあるんですが、ことコスパに関してはどうにも歯切れが悪い

「コスパ良いよ!」といいつつ普通に5万円の商品をオススメしてたりする。

いや、コスパの意味分かってる!?

こっちは値段が安くて、その中でも実用性の高いポータブル電源を知りたいんだよ!」と怒りを覚えたので、僕がまとめます。

結論を先出し

ズバリ、コスパで選ぶなら上記3つ。

他サイトと違い、本記事では選考の根拠についても明確に解説していきます。

ポータブル電源をコスパで選ぶ際のポイント

h2用画像

ポータブル電源に限らず「何のために買うのか」をハッキリさせてから購入しないと、必ず失敗します。

例えば、登山靴を探している人が「カッコよさ」を理由に購入したりする。この場合は「軽さ」を重視するべきですよね。

「うわぁ…やっぱアレにしとけば良かった…」を防ぐためのポイントが下記。

  • 用途を明確にする
  • Amazonレビューを分析する
  • 安価商品はメーカーで選ぶ
ひとつずつ深掘りしていきますが、その前に「コスパが良いとはどういう事か」をハッキリさせておきましょう。

コスパの意味を再定義する

人が「コスパ良い!」と思うのは、どういうタイミングか考えたことがありますか?

結論、実際に商品を使ったあと、自分の判断に納得できた時です。

コスパが良いと思うとき

  • 思っていた通りの使い方ができた
  • オーバースペックではなかった
  • 高い商品を買わずに済んだ

つまり、購入した商品が、あなたの用途にバシッとハマったとき。

コスパの良し悪しを決めるのは「商品」ではなく「その商品を使った人」です。

「iPhoneってコスパいいよね!」という人の一方で、反対意見も存在するのは「人それぞれの用途や感覚に違いがある」から。

  • 容量別ランキング
  • 価格別ランキング
こういった「基準がアバウトな記事」は信用せず、あなたに必要な商品の条件を明確にしておくことが大切です。

ポータブル電源の用途を明確にする

では、ここから本題。

あなたは、何のためにポータブル電源を購入しますか?

参考例と消費電力

  • スマホ充電:15W
  • 電気毛布:60W
  • サーキュレーター:30W
車中泊やアウトドアなら、ほとんどの人が上記の用途を想定しているはず。

商品によって消費電力は異なるので、あなたが使いたい物のスペックと照らし合わせる必要があります。

Amazonベストセラー商品の参考値

電化製品は、必ず説明欄にスペックが書いてあるので、ここは絶対に確認しておきましょう。

消費電力×使用時間を考える

ここをハッキリさせておけば、あなたに合ったバッテリー容量のポータブルを選べるようになります。

使用例

  • サーキュレーター(30W)をデイキャンプ(3時間)で使いたい:90Wh
  • 電気毛布(50W)を車中泊(8時間)で使いたい:400Wh
使用する環境によっては、数値通りにいかない場合もありますが、考え方としては大体こんな感じ。

自分が「何をどれだけ使いたいのか」が曖昧なままだと「もっと安物で良かったじゃん…」となる可能性があるので注意したいですね。

Amazonレビューを「分析」せよ!

災害などの非常時に備えておきたい、というような場合を除いては、5〜7万円の出費をする必要はないです。

ただし、安価な物を購入する際は、下調べをしておかないと失敗のリスクがあります。

効果的なリサーチ方法はズバリ「Amazonレビューを分析する」です。

分析の流れ

  1. レビュー数をチェック
  2. 評価の分布を確認
  3. 低評価の内容を精査する

レビュー数が多いのは、それだけ人気商品である証拠ですが、いわゆる「サクラ」も混ざっている可能性もあります。

「高評価が多いけど、低評価も同じくらい多い」のは、怪しいので注意しましょう。

理想はこんな分布

Amazonレビューの画像

購入者の大多数が満足していて、不満足な評価がチラホラある感じですね。

個人的に目安にしているのは、

  • 星5:全体の50%以上
  • 星5+星4:全体の80%
  • 星1:全体の10%以下
こんな感じの分布。そして、ここからさらに重要なのが「低評価レビューの内容」をしっかり見ることです。

低評価レビューは内容が超重要

満足できなかった人の意見って、肯定派のレビューよりも参考になります。

が、ただ文句を言っているだけの人もいるので、内容の見極めが超重要

無視してOKな内容

  • 初期不良の文句
  • メーカー対応の不満
  • 「思っていたのと違う」という意見

どんな商品でも初期不良の可能性はあるし、参考になるレビュー内容ではありません。

「●●では使えなかった」とか「●ヶ月使用後に壊れた」など、具体的に説明されているレビューを参考にしましょう。

安価な商品はメーカーで選べ!

相場よりも安い商品って、聞いたこともないメーカーが多くて、イマイチ信用できません。

何かよく分からないメーカーだけど、安いから買っちゃえ」は、絶対にやめた方がいい。

安物買いの銭失いになる可能性が高いです。

「掃除機といったらダイソン!」みたいな、信用の高いメーカーから選んだ方が安心。

ポータブル電源で有名なメーカー

  • suaoki:高コスパの代名詞
  • Jackery:キャンパーの愛用者多数
  • RAVPower:デザイン性が高い
最近はSmartTapもメジャーになってきていますが、シェアを考えるなら上記3つが有力候補。

ここまでの内容を踏まえた結果が、冒頭でお伝えしたランキングになります。

コスパ最強のポータブル電源BEST3!

h2用画像

ここまで読み進めてきたあなたなら、このランキングにも納得できるはず。

BEST3

ひとつずつ深掘りしていきます。

1位:Jackery 240

Jackeryの説明画像

正直、よほどのこだわりがなければJackery 240で満足できます。

このスペックだと、相場は3万円超えですが、2万円台半ばで買えるのは衝撃的。

ポイント

  • 相場より圧倒的に安い
  • レビュー内容を見れば安心して購入できる
  • 2年間の保証付き
見たこともないような怪しいメーカーだと、保証もまともに受けられません。その点、こちらは2年間の保証がしっかり付いているので安心です。

レビュー内容が的確なので、ザッと読んでみると納得できるはず。

ユーザーが多いだけに、ネット上のレビュー記事やYouTube動画も豊富なので、心配性の人は他のメディアも検索してみるといいですよ。

2位:suaoki S601

suaoki S601の画像

安心・安定のsuaoki製品が2位にランクイン。

suaoki S601は、Jackeryより低スペックですが、そのぶん価格が抑えられています。

ポイント

  • 同価格帯で信頼できるメーカー品はコレだけ
  • レジャーには十分なバッテリー容量
  • 12ヶ月の保証あり
探してみるとわかりますが、2万円ちょっとで購入できるポータブル電源って、見たこともないメーカーばかりなんです。低価格で安心感を求めるならsuaoki製品を選んでおいたほうが後悔しないと思います。

保証期間はJackeryと比較すると短いですが、12ヶ月の保証ありです。

1位との価格差は4,000円ほどなので、お財布と相談ですね。

3位:RAVPower

ravpowerの画像

ぶっちゃけ「強いて選ぶとするならRAVPowerかな…」という感じ。

価格が少し高めなのと、最近話題になってきたメーカーなので、レビュー数や紹介動画が少ないのがネック。

それでも3位に選んだ理由

  • 他社製品と比べてデザイン性が高い
  • 優秀なRAVPower製品が多い
メーカーの信頼性についてはJackeryやsuaokiと比べると劣ってしまいます。しかし、RAVPower製品には優秀な物も多く、十分信頼に値します。

例えばRP-PB054proなんて、AC電源付きのコンパクトバッテリーが1万円で買えてしまいます。

製品ラインナップを見ると、高コスパメーカーであるのは間違いないので、今後どんどん有名になっていくでしょう。

ポータブル電源+ソーラーチャージャーで更に便利!

h2用画像

ポータブル電源を購入する人のほとんどが、ソーラーチャージャーも同時に買っています。

理由

  • ポータブル電源の稼働時間を伸ばせる
  • 日常の節電にも便利
  • スマホ充電など単体でも使える

晴れの日しか使えないというデメリットはありますが、長期旅行や災害時に便利です。

1万円以下で買える物もありますが、出力が20W前後と低いので、スマホやモバイルバッテリー用途と認識しておきましょう。ポータブル電源用に購入するなら、60W以上を目安にしておいた方がいいです。

出力60W以上のソーラーチャージャー

信頼できるメーカー品でピックアップすると、上記なら安心できると思います。特にJackery SolarSaga 60 PROは1位で紹介したJackery 240とよく同時購入されている物なので間違いなし。

資金に余裕がある人は、ソーラーチャージャーを同時に購入することで、さらに便利な環境を手に入れられます。

まとめ:ポータブル電源を買う前に、自分でしっかり考えよう!

h2用画像

ポータブル電源は10万超えする製品もあったりしますが、ほとんどの人にとってはオーバースペックです。

お金に余裕がある人は5〜7万円するハイスペックな物を購入しても良いと思いますが、コスパを重視するなら2万円代でも十分に満足できます。

繰り返しになりますが、本記事で紹介したコスパ重視のランキングが下記。

万が一気に入らなかった場合は、メルカリなどを利用すれば割と高く売ることもできます。

試してみたいけど、ちょっと迷うなあ」と迷うくらいなら、思い切ってポチッちゃったほうがスッキリしますよ。

では、便利で素敵なポータブル電源ライフを!

人気記事【安全】災害に備えるなら大容量ポータブル電源が最強【まだ間に合う】

人気記事【裏技】Amazonギフト券でお得に買い物する方法【クレカ払いは損】