【ブログサービスの選び方】開設方法から手順まで分かりやすく解説【おすすめはワードプレス】

ブログ運営

「ブログを始めたい!どうやったらブログを開設できるんだろう?どのサービスを使えばいいのかも知りたい」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログサービスの選び方
  • 有料ブログと無料ブログの違い
  • ブログの開設手順

一言にブログといっても、世の中には実に様々なブログサービスがあります。

自分の目的にあったブログサービスを選ばないと、せっかく時間をかけて書いた記事が全て無駄になる可能性もあるので注意。

本記事では、これからブログを始めようというあなたへ「ブログサービスの選び方から、開設の手順」まで分かりやすくサポートします。

ブログサービスの選び方

h2用画像

僕がこのブログを開設したのは、1年ほど前です。

ほどほどに努力を続けた結果、月数万円の収益が発生するようになりました。

実際、ブログで月に数万円を稼ぐのは誰でも可能です。詳細は「【ブログ収益が1万円になった】達成するまでにやったこと、やらなくて良かったことまとめ」をご覧ください。

さて、さっそく本題ですが、ブログを始めるならまず「無料ブログ」か「有料ブログ」のどちらにするか決める必要があります。

選択肢は2つ

  • 無料ブログ:趣味や最初のお試しに最適
  • 有料ブログ:収益化が目的の人はこちら
それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の目的に合った選択をしなければ大きな失敗につながります。

あなたのブログ選びが失敗しないよう、ひとつずつ深掘りしていきますね。

無料ブログは初心者向け

ほとんどの無料ブログは、会員登録のみでブログの開設が完了します。

無料ブログのメリット

  • 簡単に始められる
  • 最初からある程度アクセスが集まる

ブログといえば「最初はアクセスが集まらなくて萎える」のが一般的ですが、無料ブログなら最初からある程度アクセスが集まります。

例えば自分でブランドを立ち上げて服を売りたい場合、新しくWebサイトを作るよりも、ゾゾタウンに出店した方が集客しやすいですよね。

そもそも利用者が多い場所(無料ブログサービスのプラットフォーム)にブログを開設することで、最初からアクセスを集めやすいメリットがあります。

無料ブログのデメリット

  • 広告やアフィリエイトの制限
  • 運営の都合で勝手に削除される危険性

無料ブログの場合、広告やアフィリエイトに制限があったり、禁止の場合もあるので、収益化するには不向き。

運営の判断でいきなり削除される危険性もあるので、せっかく積み上げた記事が一瞬で消え失せることも…。

無料ブログは、簡単に開設できるので初心者向けである一方、収益化を目的にする場合はちょっと危険ですね。

収益化したいなら有料ブログ一択

当ブログは収益化が目的なので、ワードプレスというブログサービスを利用しています。

あなたの目的が収益化である場合、有料ブログ以外の選択肢はありません。

有料ブログのメリット

  • 広告やアフィリエイトに制限なし
  • 勝手に削除されることがない
広告の設置も、アフィリエイトも自由なので、自分の戦略に合った収益化の方法が選べます。

無料ブログのように、プラットフォーム上にブログを開設する訳ではないので、運営から勝手に削除されるような事もありません。

有料ブログのデメリット

  • 最初は全くアクセスが集まらない
  • ランニングコストがかかる
  • ブログを開設するのに手間がかかる

有料ブログの場合、サーバー代やドメイン使用料として、月々1,000円程度のランニングコストがかかります。

最初は全くアクセスが集まらないのに、毎月のコストは発生するので、精神的にキツイ。

ブログを開設する際も、サーバーやドメインの契約といった手間が発生します。

おすすめなのは有料ブログ

ズバリ言うと、これからブログを始めたい人のほとんどは「収益化」が目的のはず。

で、あるならばブログ開設の手間や、月々のランニングコストがかかってでも、有料ブログを選ぶべきです。

有料ブログの運営コストは年間12,000円ほどなので、稼げるようになったらすぐに回収できます。

ポイント

  • 手間がかかるのはブログ開設時だけ
  • 最初はみんな赤字
  • 黒字化したらほぼ不労所得

ブログを始める前から諦める人のほとんどが「何かブログ開設って難しそう」とか「稼ぐつもりなのに赤字とか無理」という考えを持っています。

でも冷静に考えて欲しいのは、黒字化できた際のメリット。自分が寝ている間も勝手にブログが稼いでくれれば、生活は楽になります。

一般人が不労所得を手にできる機会が、こんな身近にあるんだからチャンスですよね。

無料ブログを開設する方法

h2用画像

無料ブログサービスなら、有名どころが下記なので好きなものを選べばOK。

無料ブログ

無料ブログ」で検索すれば他にも色々と選択肢は出てきますが、どれを選んでも大差ありません。好みで選べばOK。

無料ブログの開設手順は、どのサービスでもほとんど同じ流れ。

手順

  1. 会員登録
  2. ブログ開設ボタンを押す
だいたいこんな感じ。
はてなブログを例に深掘りしておきます。

はてなブログの開設方法

まずは、はてなブログのWebサイトから「はてなID」を作成しましょう。

公式ページの画面

はてなブログの説明画像

登録が完了したらメールが届きます。
本文中の「本登録用URL」をクリックすれば登録完了。

あとはブログ開設ボタンを押すだけ

はてなブログの説明画像

これだけでブログの開設が完了です。迷わないですね。
  1. ブログサービスに登録
  2. ブログ開設ボタンを押す

ほとんどの無料ブログはこの流れなので、迷うことはないでしょう。

ワードプレスでブログを始める方法

h2用画像

有料ブログなら、ほとんど全てのブログがワードプレスで構成されています。

ここからはワードプレスでブログを始める方法を解説していきましょう。流れをまとめると下記。

開設の流れ

  1. サーバーの契約
  2. ドメインの契約
  3. サーバーとドメインを紐付ける
  4. サーバーにワードプレスをインストール
サーバーを契約するのは、インターネット上に土地を購入するようなもの。ブログという家を建てる為に、まずは土地を契約する必要があるという風に理解してください。

ドメインとは、名札のようなもの。その土地が「自分のものである」と証明するために必要です。

  1. 土地を買い(サーバー契約)
  2. 名札をつけ(ドメイン契約)
  3. 家を建てる(ワードプレスのインストール)

ザックリこんなイメージで理解しておいてください。
では、ひとつずつ手順を説明していきましょう!

ステップ1.サーバーの契約

まずはサーバーを契約する必要があります。

最初はアクセスが集まらないので、高性能なプランは不要。1,000円くらいのベーシックなプランを選べばOKです。

おすすめサーバー

こだわりがなければ、この中から選びましょう。
僕はエックスサーバーのX10プランを使っています。

ブログ開設当初、初心者のほとんどがエックスサーバーで始めていて、設定方法などの情報がネット上にたくさんありました。困った時に調べやすかったのと、スペックも申し分なかったので、僕もエックスサーバーを選びました。

月々のコストを抑えたいなら、さくらのレンタルサーバーやロリポップ!の500円プランでも良いと思います。

アクセスが増えるまではスペック不足を感じることはないはずなので、アクセスが増えてからプラン変更するのが良いかもしれません。

ステップ2.ドメインの契約

ドメインはお名前.comを使っている人がほとんどです。

ここで取得したドメインが、あなたのブログのアドレスになります。当ブログだとkyoheyblog.comという名前で取得しました。

ドメイン名は自分の好みで決めて問題ありません。●●.comが無難ですね。

公式サイトのトップページ

お名前.comの説明画像

お名前.comのトップページに好きなドメイン名を入力しましょう。

ドメイン入力後の画面

お名前.comの説明画像

.net.jpなどの選択肢から、好きなものにチェックを入れて画面右の『料金確認へ進む』から次に進みます。

次の画面

お名前.comの説明画像

契約は1年契約でOK。
その下に項目が3つありますが、必要なのはSSLサーバー証明書だけです。

さらに下へスクロール

お名前.comの説明画像

ここではレンタルサーバーの利用はしなくてOKです。
ドメインの契約だけ済ませましょう。

最後にメールアドレスとパスワードを入力して『次へ』をクリック。申し込みを進めましょう。

メールが届く

【重要】【お名前.com】ドメイン情報認証のお願い

こういったタイトルのメールが届くので、『メールアドレスの有効性認証』と記載されている下のURLをクリックして完了。

確認画面

お名前.comの説明画像

これでドメインの取得が完了です。
下記タイトルのメールも届いているはずなので、チェックしましょう。

[お名前.com]会員情報変更 完了通知

このメールの中に記載されている『会員ID』は設定時に必要になるので、控えておきましょう。

ステップ3.サーバーとドメインを紐付ける

ステップ1と2でそれぞれ契約できたら、お互いを紐付ける必要があります。

  • サーバー側にはドメイン情報を入力
  • ドメイン側にはサーバー情報を入力

どのサーバーを契約してもやることは一緒です。

今回はエックスサーバーお名前.comを例として、手順を解説します。

サーバー側の設定

  1. 契約したサーバーのマイページにログイン
  2. ドメイン設定』をクリック
  3. 取得したドメインを入力する

ログインしてドメイン設定のページを開き、取得したドメインを入力する。これだけで完了です。

エックスサーバーの場合、契約時に『ユーザーアカウント情報』と『サーバーアカウント情報』が記載されたメールが届きます。ログイン時に必要になるのはサーバーアカウント情報の方です。

エックスサーバーの画面

エックスサーバーの説明画像

サーバー側の設定は、単純にドメイン情報を入力するだけなので、難しくはないですね。

入力時に下記の2つの項目にチェックを入れておきましょう。

  • 無料独自SSLを利用する(推奨)
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)
追加料金が発生することはないので、ご安心ください。

ドメイン側の設定方法

  1. お名前ドットコムにログイン
  2. 『ご利用状況』の項目にある『ドメイン一覧』をクリック
  3. 契約したドメインの『ネームサーバー』を設定する

ネームサーバーというのは「このサーバーを使っていますよ」という宣言のようなものだと理解してください。

お名前.comにログインしたら、ご利用状況の項目にある『ドメイン一覧』をクリック。

お名前ドットコムの画面

お名前.comの説明画像

ドメインの右横に並んでいる項目の中から、ネームサーバーという部分を設定していきます。

ネームサーバーの設定画面

お名前.comの説明画像

手順は上記画像のとおり。

その他』タブをクリックして『その他のネームサーバーを使う』にチェックを入れたあと、ネームサーバー入力欄を5つまで増やしてください。

空欄に入力する情報(エックスサーバーの場合)

  • ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5:ns5.xserver.jp
エックスサーバー以外のサーバーを契約している場合、ここで入力する情報は契約しているサーバーのネームサーバーを入力してください。

入力後の画面

お名前.comの説明画像

これでドメイン側の設定も完了です。

設定が反映されるまで時間がかかるので、不安になるかもしれませんが『完了しました』と表示されれば成功しているので、安心してください。

それぞれの情報が紐付きました。あとはサーバーにワードプレスをインストールするだけです。

もう一息!

ステップ4.ワードプレスをインストール

さあ、これでいよいよ最後のステップです。

契約しているサーバーの管理画面で『ワードプレスをインストール』しましょう。

エックスサーバーの画面

wordpressの説明画像

エックスサーバーの場合、上記画像のとおり『WordPress簡単インストール』という項目があるので、そこをクリック。

表示された画面から『ドメイン名』をクリックしてから『WordPressインストール』タブを開いて必要情報を入力。

必要情報入力のポイント

  • サイトURLはそのままでOK
  • ブログ名は決まっていれば入力。※後から変更可能
  • ユーザー名,パスワードはログインで使用するのでメモしておこう
  • メールアドレスは任意のものでOK
  • キャッシュ自動削除はONにしておこう
  • 自動でデータベースを生成するを選択しておこう

入力完了したら『確認画面へ進む』ボタンから先へ進みましょう。

最後に『WordPressをインストールする』ボタンをクリックすれば、完了!

ブログデビューおめでとうございます!

まとめ:収益化目的でブログを始めるならワードプレス!

本記事ではブログサービスの選び方と、ブログの開設方法を解説しました。

収益化が目的なら、ワードプレス以外の選択肢はありません。

サーバーの契約やドメインの取得など、初心者には難しいかもしれませんが、本記事の内容を参考にすれば問題なくブログを開設できるはず。

ブログ開設の手間はかかりますが、最初だけです。

これを乗り越えてブログデビューすれば、未来の不労所得への可能性が開けます。

僕は1年ちょっとの努力で達成できました。
あなたにも、絶対にできますよ!

人気記事【MOFTって知ってる?】MacBookでの作業が圧倒的に楽になるスタンド【レビュー記事】

人気記事【朗報】サラリーマンがブログ運営を1年継続したら収益はどれくらいなのか?【才能なくても大丈夫】