【徹底比較】ルーメナーとWAQはどっちがおすすめ?【ポイントは2つ】

CAMP ガジェット

キャンプ用のLEDランタンで、圧倒的な人気がある2つが下記。

どっちを選べばいいか迷っているひとも多いはず。

他サイトではサイズや重さなど、細かく比較されていますが、ぶっちゃけ無駄です。

ほぼ同スペックの両商品を選ぶときに、注目すべきポイントはたった2つだけ。
この記事を読めば、その疑問が解決します。

ルーメナーとWAQはどっちがおすすめ?

h2用画像

例えば、ユニクロのプリントTシャツを選ぶとき、あなたは何を基準に選びますか?

それが今回の答えです。

サイズ、重さ、明るさ、付属品に差はない

こういった部分では、ほぼ違いはないので比較するだけ時間の無駄。

明るさについては、ルーメナーのほうが少し明るいですが、実用的な差はありません。

それぞれの明るさ

Tシャツで例えるなら、ロゴの位置が左にあるか右にあるかの違い。
実用的な差はないですよね。

比較すべきポイントは、これから紹介する2点のみ。

比較ポイント①:価格

何だかんだ言って、みんな気になるのが値段です。
利便性が変わらないなら、安い方がいいに決まっています。

それぞれの価格

WAQのほうが2,000円ほど安い。
これをどう見るかは人によりますが、差額を出してまでルーメナーを選ぶメリットは少ないかと。

ただし、デザインで選ぶなら話は別です。

比較ポイント②:デザイン

これからずっと使っていくキャンプギアですから、当然デザインは重要です。

いくら安いからと言って、好みじゃないデザインのTシャツをわざわざ着ませんよね。

それぞれのカラー展開

  • ルーメナー:ブラック、迷彩カラー
  • WAQ:オリーブ、ホワイト、タン(※new
ルーメナーの迷彩カラーは、アウトドア色が強いデザインになっています。
ブラックは定番カラーですね。

WAQはオリーブと、特に新色のタンカラーが人気で品薄状態。
Amazonで在庫があればラッキーです。

どうしても欲しい場合は、WAQ公式サイトから予約が可能となっています。

WAQのLEDランタンを使った感想

WAQの説明画像

僕はオリーブカラーのWAQに惚れてしまい、即ポチってしまいました。

かれこれ1年以上愛用しているので、率直な感想をお伝えできればと思います。
ご参考まで。

感想①:メインランタンとして使える明るさ

1000ルーメンとか言われてもよく分からないですよね。
僕も実感がないまま購入しました。

体感としては、コレ1台あればキャンプの夜は大丈夫。
今でもメインのランタンはWAQです。

明るさは保証できます。
安心してお使いください。

感想②:1泊のキャンプならバッテリー持ちは十分

季節によって使用時間は変わりますが、18時〜22時くらいが一般的ですかね。

最大の明るさで使用しても、4時間くらいは余裕で持ちます。
むしろ余るくらいですね。

寝る前はテント内に持ち込んで、最小の明るさで使っています。
1泊のキャンプならWAQひとつあればOK。

感想③:モバイルバッテリーとしては使わない

ぶっちゃけ、キャンプ中にモバイルバッテリーとして使うことはありません。

あくまで非常時の予備バッテリーとして考えておいた方がいいです。
どれだけ実用性があるのかは疑問ですが…。

モバイルバッテリーは別途持参することをおすすめします。

感想④:WAQは完成度の高いLEDランタンです

防水性こそありませんが、外に出しっぱなしにする物ではないので問題なし。

付属品も充実していて、トータル完成度の高いLEDランタンなのは間違いありません。

お気に入りポイント

  • コンパクトでカバンに入れられる
  • 渋いオリーブカラー
  • コレ1台で安心できる
僕はWAQを選びましたが、使い勝手で考えるならルーメナーも大差はありません。

迷ったらデザインで決めてOKです。

まとめ:ルーメナーもWAQも最高のLEDランタンです

H2用画像

どちらも1万円ほどするので、価格だけ見ると決して安いとは言えません。

しかし、キャンプにランタンは必須です。
使い勝手やデザイン性の高さを考えると、むしろ安いくらいかもしれません。

現に、どちらも品薄になるくらい売れています。

あなたはどっちを選ぶ?

何はともあれ、最初に選ぶランタンとしてはベストな選択です。
どっちを選んでも間違いはありません。

僕はWAQに決めて大正解でした!

人気記事【決定版】キャンプで使えるオシャレなLEDランタン3選【初心者向け】

人気記事【体験談】旅行にはGoProさえあればいい【便利すぎる】