【引退】ポケモンGOがつまらなくなった理由

GAME

まず初めに、僕はポケモンというコンテンツが大好きです。

ポケモンGOは、今までで一番ハマったゲームといっても過言ではないくらい。

ですが、恐らくみんなが感じ始めている事実がありますよね。

「最近のポケモンGOはつまらない」

これだけ長く遊んだゲームなので、何とか自分なりの楽しみ方を模索してきましたが、とうとう限界がやってきました。

現在の僕は、ほぼ引退状態。心から楽しめなくなったら、仕方ないですよね。

ということで今回は、僕がポケモンGOを引退した理由と、やめて気付いたメリットについて解説します。

この記事はこんな人向け

  • 惰性でポケモンGOを続けている
  • プレイを楽しめていない
  • 引退しようか迷っている
ユーザー離れが起きてもおかしくない現状なので、あなたの「最近つまらない」という感情は正しい。

ゲームはストレスを溜めてまでプレイするものではないです。

ポケモンGOがつまらなくなった理由

h2用画像

3年近く遊んだゲームを「引退する」というのは、なかなか勇気のいること。

ですが、そんな決断をさせられるほど、現在のポケモンGOは大きな問題を抱えています。

つまらなくなった理由

  • バグが多すぎてストレス
  • 課金アイテムが無駄になる
  • リアル課金すら無駄になる
  • PVPのゴリ押し
  • イベントが陳腐化した
ひとつずつ深掘りしていきますね。

バグが多すぎてストレス

人気ゲームの中で、こんなにバグだらけなのはポケモンGOだけです。

  • ゲームが途中で落ちる
  • 起動できない
  • 画面が固まる
  • アイテムが使えない
  • バトルの挙動がおかしい
挙げればキリがありません。

バグが直らないまま、新たな機能が追加され、更にバグが増え続けるという悪循環はマジでため息がでます。

課金アイテムが無駄になる

無駄になりがちな課金アイテムの代表といえば「レイドパス」ですよね。

イベントなどでアクセスが集中し、サーバー負荷が高まったときは「使ったのに無駄になった!」となる可能性が高い。
  • レイドパス
  • 孵化装置
  • おこう
  • ほしのかけら
  • しあわせたまご
こういったアイテムは、誰でも一度は無駄にした経験があるはず。

イベントがある毎に「これ今使っても大丈夫かな...?」とプレイヤー全員が半信半疑になるのって、ホント異常です。

リアル課金すら無駄になる

利用者も多い「ポケモンGOプラス」や「モンスターボールプラス」も、バグで時々使えなくなります。

  • 接続できなくなる
  • 秒で接続が解除される
  • ポケモンやスポットに反応しない
せっかくお金を払って購入したツールも、バグによってガラクタになってしまうのは悲しい。

「買ったのに使えない」って、普通に不良品ですよね。

PVPのゴリ押し

運営のナイアンティックは「プレイヤーそれぞれの楽しみ方がある」と公表していながら、明らかにPVPゴリ押しです。

  • GOバトルリーグの報酬に珍しいポケモンを設定する
  • PVPで活躍するポケモンがイベント対象になりやすい
「ポケモンを集めるのが楽しい」というプレイヤーに対して「ほら、戦えよ」と言っているようなもの。

「それぞれの楽しみ方があるんじゃないのかよ...」と思ってしまいます。

イベントが陳腐化した

嫌ならPVPやらなきゃ良いだけじゃん、という意見、確かにその通り。

ただ、一言物申したい。

「コミュニティデイくらいワクワクさせてくれよ!!」

ダンバルのコミュデイ、あの時の興奮は今も忘れません。

それが今や…

  • ケーシィ
  • タネボー
  • ビードル
ねえ、これが本当にあの「コミュニティデイ」なんですか?

結論:現状のポケGOはつまらない

以上のような理由から、僕はポケGOをやめました。

正確には起動しなくなっただけで、新機能が追加された時だけちょっと触るくらいになると思います。

つまらないと感じている人へ

  • 無理してプレイしなくていい
  • やりたいと思えた時、また再会すればいい
僕はポケモンGOをやらなくなって、いくつかのメリットを感じています。

次は、そのあたりを解説していきましょう。

ポケGOをやめて気付いたメリット

h2用画像

プレイしなくなって、気が付いたメリットをまとめます。

まとめ

  • スマホのバッテリー持ちが爆伸び
  • プレイの義務感から解放された
  • 使える時間が増えた
結論、やめて正解だったと思ってます。

スマホのバッテリー持ちが爆伸び

空き時間や、移動する度に起動していた頃は、モバイルバッテリーが必須でした。

絶対に1日もたない状態だったのに、今では寝るまで充電不要です。
  • ポケGOはバッテリー消費が激しい
  • 結果的にスマホの寿命を縮める
こういった重要なことに気付けました。

明らかにバッテリー持ちが変わるので、気になる人は試してみることをオススメします。

プレイの義務感から解放された

いつのまにか「プレイしたい」という気持ちが「プレイしなきゃ」という義務感になっていました。

あなたは、どうですか?

  • 1日1回タスクをクリアしなきゃ
  • 毎日ポケスト回さなきゃ
  • 相棒にきのみあげなきゃ
  • バトルして報酬もらわなきゃ
やらされてるゲームほど、虚しいものはないと気付きました。

使える時間が増えた

暇さえあればポケGOを開いていたので、それがそのまま別の時間に変わりました。

自分がいかにポケモンGOに時間を費やしていたかを実感。
  • 本を読む時間が増えた
  • 帰宅時間が早くなった
  • 無駄に外出することがなくなった
仕事帰りにジム戦をしたりしていたのですが、それがなくなるだけで自由な時間がめっちゃ増えました。

ポケGOは大切な思い出もくれた

ポケモン記事用h2用画像

悩んだ末の結論は「しばらくポケモンGOとは距離を置く」でしたが、僕がポケモンを好きなのは変わりません。

これだけ人と繋がれるゲームは凄い

世代を超え、多くの人がリアルに繋がって楽しめるゲームを生み出した、ナイアンティックは凄いと思います。

  • 親子で同じゲームをプレイする
  • 見ず知らずの人と協力してレイドバトルをする
  • ポケGOがきっかけで仲良くなる
ポケモンGOがきっかけで出会い、結婚した人もいるくらいなので、多くの人生に影響を与えたのは間違いありません。

ポケモンという存在が、より身近に感じることができたのは、紛れもなくポケGOのおかげです。

思い入れのあるポケモンは消せない

プレイしなくなったとはいえ、僕はポケモンGOをデリートすることは絶対にありません。

ボックスの中には、思い出がたくさん詰まっています。
  • 必死に探し求めた色違いミュウツー
  • 彼女と一緒に捕まえた黒レックウザ
  • 仲間と交換したキラポケモンたち
他のゲームと違い、ポケGOはただのデータではなく、思い出になっているんです。

ミュウツーレイドで集まった大勢の笑顔。あの夏の夜の光景を、僕は一生忘れない。

まとめ:ナイアンティックがんばれ!

とにもかくにも、今のポケモンGOはストレスしかないので、僕は一旦距離を置きます。

復帰するかどうかは、今後の改善次第というところですね。
  • バグ改善
  • ゲーム内でのお知らせ
  • イベントや報酬の見直し
こういった根本的な部分を見つめ直していかないと、ユーザーの心は離れます。僕は離れちゃいました。

頑張れナイアンティック!

人気記事【裏技】Amazonギフト券でお得に買い物する方法【クレカ払いは損】