【悲報】ポケGOのメガ進化がクソ仕様な件について

GAME

2020年8月28日、ポケモンGOにメガ進化が実装されました。

今年の目玉アップデートとして、多くのユーザーが期待していたことでしょう。

ところが!!

蓋を開けてみれば、「これ、本気でやる奴いるか?」というクソ仕様。

ほぼ引退状態の僕にとって、復帰する機会とはなりませんでしたが、仕様について調べたので共有しておきます。

  • メガ進化のやり方がよく分からない
  • 本気で取り組む価値があるのか知りたい
こんな人は2分ほどお付き合いいただければ嬉しいです。

ポケGOのメガ進化がクソ仕様すぎる

h2用画像

メガ進化するのにめちゃくちゃ手間がかかる割に、得られるメリットがほぼありません。

結論、ガチ勢以外はやらなくて正解。

メガ進化とは?

分かりやすくいうと、ポケモンが戦闘中だけパワーアップする、という感じ。

本家では戦闘終了後は元の姿に戻ります。ポケGOの場合、一定時間経過後にメガ進化が解除される仕様。

具体的な変化

  • 見た目が変わる
  • CPが大幅に上昇する
ザックリこんな感じで理解しておけばOKです。

メガ進化に必要なアイテムは?

メガエネルギーというアイテムを一定数集める必要があります。

これはポケモン毎に設定されていて、メガ進化させたいポケモン専用のメガエネルギーを集めなければいけません。

ポイント

  • スピアーならスピアー専用のメガエネルギーが必要
  • スピアーのエネルギーでカメックスやリザードンはメガ進化できない
つまり、メガエネルギーは使い回しができないので、ピンポイントで集めなきゃいけないんです。

では、バンバン入手できるかというと、どうやらそうではないんですね。

メガエネルギーの入手方法はメガレイド

今回から新たに「メガレイド」が実装され、倒したポケモンのメガエネルギーを入手できます。

討伐スピードで入手量が変化するのですが、だいたい1回のレイドで40〜50個くらいだと思っておきましょう。

つまり

  • メガエネルギー50個あたりレイドパス1個のコストが発生する
  • ソロ討伐は不可能なので田舎のトレーナーには無理ゲー
遠隔レイドやフレンド招待ができるようになったとはいえ、メガエネルギー集めの難易度は低くありません。

「ならさすがにメガ進化するのに必要なエネルギー数はそんなに多くないんでしょ?」と思いますよね?

マジでこれがクソ仕様です。

メガ進化に必要なメガエネルギーについて

実装時点では、御三家のメガ進化は200のメガエネルギーが必要。スピアーは100となっています。

スピアーはスペシャルリサーチのタスクで集められるとして、問題は御三家。

まとめると

  • メガ進化させるのに4〜5回のレイドをこなさなければならない
  • 苦労してメガ進化させても一定時間後には解除される
2度目以降のメガ進化は、消費エネルギーが1/4になりますが、それでもコスパが悪すぎます。

ポケモン毎に必要なエネルギー数が違うみたいなので、メガミュウツーなど伝説ポケはかなり辛いことになりそうですね。

メガ進化が使えるシーン

実装時点ではPVPに使えないので、実用性を考えると、メガ進化が使えるのは2パターンしかありません。

  • ジム戦
  • レイドバトル
わざわざメガ進化を使ってまでやろう、とは思わないですよね。

メリットが少なすぎます。

結論:もっと手軽にならないとやる気にならない

現状ではコスパが悪すぎてやる気が起こらないので、ガチ勢以外は本気でやらないでしょう。

改善点

  • 必要なメガエネルギー量を減らす
  • メガエネルギーを使いまわせるようにする
  • レイド以外の入手機会を増やす
これくらいやらなきゃユーザーは満足しないと思います。

それにしても、期待が大きかっただけに、落胆が激しい...。

まとめ:メガ進化はガチらなくていいよ

ポケモン記事用h2用画像

ロケット団やPVPしかり、メガ進化も盛り上がるのは最初だけでしょう。

システムが変わらない限り、ユーザーの心は離れていきます。

だってメリットがないんだもん。

メガ進化を機にポケGO復帰しようかと思っていましたが、もっと先になりそうです...。

人気記事サラリーマンが副業するべき理由とおすすめ5選

人気記事【ブログで稼ぐってどういうこと?】収益化の仕組みを分かりやすく解説【超初心者向け】