【プログラミングスクールは高すぎる!】という考えがズレている理由

LIFE

プログラミングスクールが高い、と感じる人は「費用対効果」に目を向けていない証拠です。

例えば、未来を見通せる力が1,000万円で買えるなら、借金してでも手に入れる価値がありますよね。

1,000万円は大金ですが「宝くじが当たる売り場」や「大儲けできる株」が分かれば、費用はすぐ回収できます。

つまり、額面だけみて「高い」と反応するのではなく、買うことで得られる価値に目を向けるべきということ。

先ほどの例を踏まえて、今回は「プログラミングスクールの費用は本当に高いのか?」というテーマでお話します。

こんな人向け

  • プログラミングスクールの費用が高すぎると感じている
  • 数十万円の初期投資が、将来どれだけ大きくなって返ってくるか知りたい

今は「無料で独学しよう」と思っているあなたも、この記事を読み終える頃には「プログラミングスクールがいいかも」と考えが変わっているはずです。

プログラミングスクールはむしろ安い。その理由とは

h2用画像

冒頭にお伝えしたとおり、費用対効果を考えると、プログラミングスクール以上のサービスはありません。

プログラミング学習の「費用対効果」がズバ抜けている

大学の学費は数百万円かかりますが、社会で役立つスキルが身につくことは稀です。

こんなことを言うと、「学歴が手に入るから優良企業に入れる!」という意見があるかもしれません。

しかし、そうやって手に入れた「会社に縛られて働き続ける未来」って、果たして数百万円の価値があるのでしょうか?

一方、エンジニアとして手に入る未来は

  • 場所に縛られずに働ける
  • 実力次第では個人でも稼げる
  • 良い車、広い家
IT企業の待遇が良いのは「エンジニア不足」という面もあります。

エンジニア需要が増えているにも関わらず、人材不足なので、「高い給料を払ってでもウチにきて欲しい」というのが企業の本音。

つまり

  • エンジニアとしての未来は有望すぎる
  • お金を払ってでも学ぶ価値がある

言い換えると、「数十万円払えば、自由に生活できる未来が手に入る」ということです。

WordPress制作は5~10万円の報酬額

では、具体的に「どんな案件でどれくらい稼げるのか」を見ていきましょう。

プログラミング業界では最も簡単な案件ともいえる「ワードプレスによるWebサイト制作」は、5〜10万円ほど。

例:クラウドワークスの案件

クラウドワークス案件の画像

案件には参考サイトが記載されています。ザックリ言えば「こんな感じのサイトにしてください」という見本ですね。

上記の案件については、JAPANORGANICというサイトを目安にすればいいということ。単価は77,000円です。

案件にもよりますが、優秀な人は1日で納品も可能なので、日給5〜10万と考えると破格。

ワードプレス以外のWebサービス開発案件で50万以上も狙える

初歩的なWebサイト制作と違い、こちらはちょっと踏み込んだ開発案件ですが、その分単価もグッと上がります。

たった1件でスクール費用を回収できる感じですね。こちらも案件を見ていきましょう。

例:クラウドワークスの案件

クラウドワークス案件の画像

上記はマッチングサイトのWebサービス・アプリ開発の案件。単価は500,000円〜1,000,000円となっています。

こちらの参考サイトはMallentoと記載がありました。

RubyやPythonなど、扱えるスキルが多いほど、高収入に直結する感じですね。

CMSを用いたサイト開発案件で100万円以上も!

当然、これくらいの高単価案件になると、優秀な人材が殺到するので、受注できるかどうかは難しい問題。

このレベルを目指すなら、独学では無理ゲーです。

例:クラウドワークスの案件

クラウドワークス案件の画像

こちらはFrimoというCMSを使ったフリマサイトの開発案件。単価は1,000,000円〜5,000,000万円となっています。

これだけ高単価なら、「年に数件こなしてあとはバカンス」という生活も夢ではありません。

こんな未来が手に入るなら、スクール費用なんて安いもんだと思いませんか?

人気記事【本気で転職したい人向け】おすすめのプログラミングスクールは3つだけ【独学はダメ】

結論:プログラミングスクール費用は秒速で回収できる

今回は3件を例に出して紹介しましたが、この他にも案件が豊富なので、実際に調べてみると面白いです。

個人で稼いでいるエンジニアは、クラウドワークスランサーズを利用している人がほとんどですね。

まとめ

  • スクール費用が数十万円でも、数件こなせば回収できる
  • 1度スキルをつけてしまえば、将来もずっと稼ぎ続けられる
エンジニアとしてのスキルをつけるって、人生変わると言っても過言じゃないです。

学習が最速で収入に繋がるのって、プログラミング以外にはありません。

「でもやっぱりプログラミングスクールは高い」と思う人へ

h2用画像

とはいえ「貯金がない」とか「生活に余裕がない」などの理由で、スクール費用を準備できない人もいるでしょう。

こういった場合は、無料サービスを利用するという方法もあります。

学習意欲にも個人差があるので、ここでは2パターンで紹介します。

パターン別の無料サービス

  • 興味があるレベルの人:Progate、ドットインストールで学習
  • IT企業への就職が目標の人:無料のプログラミングスクール
ひとつずつ深掘りしていきますね。

興味があるレベルの人はProgateかドットインストール

言い換えると「就職まではまだ考えていない」レベルの人向け。

Progateドットインストールは、初心者が必ずお世話になるサービスです。

メリット

  • 基礎の部分は無料で利用できる
  • 初心者にも分かりやすい構成
  • 自分のペースで進められる

デメリット

  • 本格的な学習は月額サービスへ加入する必要がある
  • 個別質問ができるわけではないので、バグに悩み続けるハメになる
良し悪しはありますが、まずはお試しで使ってみるのがイイと思います。

プログラミングが自分に向いているのかどうか、判断することにも繋がりますからね。

無料のプログラミングスクールは条件付き

IT企業へ就職する明確な意思があるのであれば、無料のプログラミングスクールを利用するのがベスト。

ただし、利用するにはいくつか条件をクリアする必要があります。

例えば

  • 年齢制限がある
  • 住んでいる地域にスクールがあるかどうか
スクールによって条件は様々ですが、希望者全員が受講できるわけではない、という点は注意が必要。

詳しくは「【無料プログラミングスクールおすすめ3選】比較しつつ条件や選び方を解説」で解説しています。

まとめ:プログラミングスクールはむしろ安い!

h2要画像
 
「プログラミングスクールは価格以上の価値がある」のは理解できたと思います。

とはいえ、イキナリ「受講料50万円!」と言われても、すぐに決断なんてできませんよね。

過去の僕もそうだったので、その気持ちはよく分かります。

そんな人は無理しなくてOK

  • まずは独学でどこまでやれるか試してみる
  • 就職する意思が固まってからスクールを検討する
最初からプログラミングスクールを利用するのって「最速で結果を出したい人」なんです。

たいていの人は時間をかけて悩むので、焦らずじっくり決めていけば大丈夫。

どうしても答えが見つからないのなら、スクールで無料体験すれば、プロの意見を参考にできるので是非!

人気記事完全初心者からWeb制作できるようになるまでの勉強方法を語る【体験談あり】

人気記事【20代店長のブラック体験談】月300時間労働が当たり前でした