【廿日市】アルカディアビレッジでキャンプをした感想

CAMP

2020年9月1日にリニューアルオープンしたアルカディアビレッジで、ソロキャンプをしてきました。

  • 料金はどどうなの?
  • 予約はできる?
  • サイトは広い?
こんな疑問がある人は、この記事を読むことで解決します。

実際に利用した感想も、正直にお伝えしていきますね。

アルカディアビレッジがキャンプ場としてリニューアル!

アルカディアビレッジの画像

所在地は「広島県廿日市市原2210」です。

アップダウンの激しい山奥にあるので、車やバイクが必須。距離的には、岩倉よりもアクセスしやすい立地です。

アルカディアビレッジは予約不要

炉付きサイトのみ事前予約が必要なのですが、他のサイトは先着順です。

このスタイルは、広島キャンパーの聖地である「岩倉キャンプ場」と同じですね。

施設情報

  • 電話番号:0829-31-5656
  • 受付時間:9時〜17時
  • 体育館・風呂あり

チェックアウトは10時です。

僕は金曜日〜土曜日にかけて宿泊しましたが、土曜の朝からぞくぞくと子連れファミリーが到着していました。

週末はサイトが全て埋まる盛況ぶりらしいので、利用するなら平日ですね。

到着後はまず受付

アルカディアビレッジの画像

看板がでているので、受付の場所は分かりやすいです。

簡単な利用申請書を書くだけでOKです。管理人さんは親切な人で、かなり好印象でした。

施設案内図

アルカディアビレッジの画像

館内はこんな感じになっています。トイレが室内にあるのは嬉しいポイント。

バイキング西村さんのサイン

アルカディアビレッジの画像

受付横には、大人気キャンプ番組「西村キャンプ場」で紹介された際に書かれたサインがありました。

アルカディアビレッジの利用料金

アルカディアビレッジの画像

料金は上記画像のとおりです。ここも岩倉と同じ価格設定になっています。
  • 大人1泊:800円
  • 炭・薪:500円
  • デイキャンプ:無料
なんと、10時〜17時はデイキャンプが無料で利用できます(炉付きサイトは利用料1,000円)。

僕は運良くラスト1つ残っていた薪を購入できましたが、在庫は多くないようなので、事前に購入してから行った方がよさそう。

アルカディアビレッジのサイト区画

アルカディアビレッジの画像

上記画像のとおりです。区分けはロープでされているので、ちょっと分かりづらいです。

そして驚きだったのが、どのサイトも車を横付けできないということ。

無料でキャリーの貸し出しをしてくれますが、面倒なので車から近いサイトを選ぶのが無難です。

アルカディアビレッジでキャンプをした感想

h2用画像

ぶっちゃけ、「最高!」とは言えないキャンプ場でした。

ここがデメリット

  • 車を横付けできない(全サイト)
  • 区画は広くない
  • 温泉の利用料が高い

デメリット①:全サイトで車の横付け不可

マジでこれは不便です。

まさかオートキャンプできないとは…。かなりの誤算でした。
  • 荷物が多い
  • いつもオートキャンプしている
  • 大型のテントを使っている
こんな人にはちょっと利用しにくいキャンプ場かもしれません。

いやぁー、ホントなんで横付け不可なんだ...。

デメリット②:区画は広くない

狭くもないんですけど、特別広い訳ではありません。

木や生垣などで、サイト毎に区分けされているわけではなく、ロープで仕切られているだけ。

芝生サイトの画像

アルカディアビレッジの画像

パッと見で区分けされてるのが分からないですよね。

利用者が少ないと解放的なのですが、混み合ってると最悪です。

デメリット③:温泉が高い

利用料金は30分毎に1,000円かかります。

大浴場があるわけでもなく、ちょっと広い家族風呂みたいな感じでコレは高い。

特別なウリがある温泉でもないようなので、あまり期待しないほうが良いです。

メリットは3つある

個人的に「ココはいいよね」と感じる部分は下記の3つです。

  • トイレが屋内にあって綺麗
  • 市内からアクセスしやすい
  • デイキャンプ無料
トイレが屋内にあることで、嫌な虫が入ってこないのは大きなメリット。とても清潔な状態でした。

トイレの画像

アルカディアビレッジの画像

屋外設置だと、便器に虫が集っていたり、清潔ではなかったりしますからね…。

綺麗な施設デイキャンプが無料市内から近い、というのがアルカディアビレッジのメリットだと思いました。

まとめ:アルカディアビレッジはたまに利用したいキャンプ場です

H2用画像

アクセスしやすいのはメリットなんですが、やっぱり車を横付けできないのが最大のデメリットなんですよね…。

それを考慮すると、少し遠くても岩倉に行っちゃうかな。
  • 平日にキャンプをする
  • 広島市内からアクセスしやすい場所がいい
  • 無料でデイキャンプしたい
こういった人は、アルカディアビレッジを利用してみてもいいかもしれません。

キャンプ場選びにおける優先順位は高くありませんが、僕は恐らくまた行くと思います。

キャンプ場で会ったら、一緒に酒を飲みましょう!

アルカディアビレッジでのキャンプ動画

関連記事【広島でおすすめの無料キャンプ場】聖湖キャンプ場レビュー記事【紅葉キャンプが最高】

関連記事【キャンプ場レビュー記事】山口県の笠戸島家族旅行村で突然の嵐に襲われた【オススメの理由を紹介】